VR ニュース

HTC 、CES 20191にて「VIVE Pro Eye」「VIVEPORT Infinity」「VIVE COSMOS」を発表

投稿日:

HTCが、現在米ラスベガスにて開催中の世界最大規模の家電とガジェットの見本市「CES 2019」にて新たなVRハードウェアとサービスを発表した。

HTC 、CES 20191にて「VIVE Pro Eye」「VIVEPORT Infinity」「VIVE COSMOS」を発表
「VIVE Pro Eye」は、アイトラッキングを標準搭載したVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)で、コントローラー不要で注視するだけでメニューを選択できる。既にバーチャルキャストによるVisrtualCast Enterprise版が「VIVE Pro Eye」に対応しており、VIVE Pro Eyeを装着したユーザーの視線やまばたきがVRM対応アバターの視線やまばたきと自動リンクすることにより、より自然なアバター表現が可能となっている。なお、この機能は今後、一般配布を行っているVirtualCast Consumer版にも適用予定だという。

HTC 、CES 20191にて「VIVE Pro Eye」「VIVEPORT Infinity」「VIVE COSMOS」を発表
「Viveport Infinity」はVR向けとしては世界初の無制限サブスクリプションサービスで、ライブラリより500以上のタイトルに無制限でアクセスすることが可能。新旧のVIVEデバイスだけではなく、Oculus RiftやVIVE Waveに参加している他社デバイスからもアクセスできる。

HTC 、CES 20191にて「VIVE Pro Eye」「VIVEPORT Infinity」「VIVE COSMOS」を発表
「VIVE Cosmos」はViveの最新VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)で、従来よりも快適な装着感と簡単なセットアップ、および使用方法を実現している。外部のベースステーションが不要のため、家と外出先の両方で使用できる柔軟性があり、ゲーミングPC以外からも接続することができる。また「Vive Reality System」を使用する最初のHMDとなる予定で、開発者キットは2019年の早い時期に提供される予定。詳細や価格などは今年後半に公表予定とのこと。

これらに加え、同社のクリエイティブ・ラボは、HMDを装着した瞬間からコンテンツを操作するまでのユーザー体験を変える「Vive Reality System」を発表。こちらもVIVE Cosmosが最初の採用デバイスとなり、プロジェクトの一環として、Mozillaと共同でVive専用のVRブラウザ「Firefox Reality」を提供する。配信は今年後半の予定。

-VR, ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.