その他 レポート

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた

投稿日:

皆様明けましておめでとうございます!2018年中はvsmediaの記事をご覧頂き誠にありがとうございました。引き続き2019年も何卒宜しくお願い致します。

なお、2018~2019年の年越しですが、今回はソーシャルVRプラットフォーム「cluster」内にオープンした「バーチャル初詣」エリアで過ごしました。

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた
「バーチャル初詣」エリアに降り立ってすぐに見える景色がこちら。真正面に赤い鳥居が見えるのが印象的です。

もともとこのvsmediaは、2007年にオープンした仮想空間・アバターサービス専門のブログメディアを母体としており、そのため当時から各種仮想空間やアバターサービス、およびゲームの中で年を越してきました。

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた
ちょうど今から10年前の2009年1月1日に仮想空間「Second Life」の中で訪れたバーチャル神田大明神(現在は消滅)。今考えたら、仮想空間内にコミュニティができ、イベントを開催したり、番組を配信したり、アバター姿でアーティスト活動をしたり、ゲームを作ったり、仮想アイテムで収益を得たりと、現在ソーシャルVRプラットフォーム内で起こっているムーヴメントのほぼ全ての原型はこの頃すでにSecond Life内にあったんですよね。

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた
このcluster内の「バーチャル初詣」は、2018年8月に開催されたバーチャルYouTuber「輝夜 月(かぐやるな)」さんのVR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR 」の会場「Beyond the Moon」をお正月仕様にリニューアルしたもの。「Beyond the Moon」ということで、月面を模した荒涼とした地面の上に色鮮やかな赤・黄色・青のキューブが敷き詰められ、そのビビッドな色の対比が印象的です。

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた
月面を模した空間なので月から見た地球も再現されています。キューブ一つ一つに影が付いているのが細かい!

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた
初詣会場ということで、新たに建てられた鳥居の両脇には、狛犬やお稲荷さんの代わりに輝夜月さん自作のエビフライのゆるキャラ「エビーバー」の像が鎮座し来場者を迎えています。

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた
鳥居の向こうには、輝夜月さんがいつも着ている衣装を反映したデザインの賽銭箱があり、200pで輝夜月さんの口癖である「卍(まんじ)」にちなんだ特製「卍おみくじ」を引くことができます。

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた
おみくじからは「小卍」「中卍」「大卍」のいずれかが出てきますが、ごく稀にレアな「マジ卍」が出てくることもあり。結果はこのように自分のアイコン画像付きでくす玉状に表示されるのでアバターと一緒に記念撮影もできます。

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた
年越し前後に「バーチャル初詣」エリアに集まったのは40~50人程で、カウントダウンもテキストチャット、年越しの瞬間はそれぞれがアバターで拍手をしたり絵文字を表示したりと、正直とても地味な年越しではありましたが、それでも空に打ち上げ花火が数発連続で上がったりと、通常のイベントとはまた違った華やかな雰囲気を感じることができました。

【レポート】ソーシャルVRプラットフォーム「cluster」で年越ししてみた
この「バーチャル初詣」は1月6日(日)23:59までオープンしており、誰でも無料で入場できます。なお、本日1月1日12:00に何やら重大発表があるとのこと。一体何があるのでしょうか?こちらが気になる人も是非行ってみて下さい。

「バーチャル初詣」cluster URL
https://cluster.mu/events/04f99dfa-8632-438b-b479-09283d6fddc4

 

-その他, レポート
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.