VR ニュース

ナーブとアイリッジ、「ビジネスVR×O2O ソリューション」分野で業務提携

投稿日:

ナーブ株式会社株式会社アイリッジが、「ビジネスVR×O2O ソリューション」分野において業務提携を行うと発表したこの提携を通じ、ナーブとアイリッジは、両社の持つビジネスVR・O2O各領域の実績とノウハウを活用し共同開発と展開を推進していくという。

ナーブとアイリッジ、「ビジネスVR×O2O ソリューション」分野で業務提携

ナーブはこの業務提携により、アイリッジのO2Oソリューション「popinfo」を活用して集客と利用ユーザーの行動解析と効果測定を実現して競争力の強化を図り、アイリッジはビジネスVRへの早期対応を実現することで、O2Oアプリのみではニーズを満たしきれなかった新規顧客層の開拓と新たな事業機会の創造を目指すとのこと。第一弾の展開先は、不動産広告業界において多くのクライアントを持ち、アイリッジとの共同ソリューションを含め不動産向けデジタルサービスを多数展開するDGコミュニケーションズに決定。DGコミュニケーションズは、両社が提供する「ビジネスVR×O2Oソリューション」を通じ、自社のクライアントに対して、集客からVR内覧、VR内覧後の実際のモデルルームへの来館計測まで行えるO2O×VRモデルルームを提供する。
提携の概要は以下のとおり。

1.アイリッジのO2O技術とナーブのVR技術を連携させた「ビジネスVR×O2Oソリューション」の共同開発
両社が得意とする分野の技術およびノウハウを共有・活用することで、業界をリードする「ビジネスVR×O2Oソリューション」を提供していきます。
・『どこでもストア®』×『popinfo』の連携
ー ナーブが提供する『どこでもストア®』は、商業施設内で VRと遠隔通話を活用した無人店舗を展開できるサービス です。遠隔地にある不動産物件などをVRで閲覧できるほか、さらに端末を通じて専門スタッフからサービスの詳しい 説明を聞くことができます。また、不動産以外にも、旅行など様々なコンテンツにも 対応可能となっています。
ー アイリッジのO2Oソリューション『popinfo』と連携することで、当該商業施設への集客や、どこでもストア®設置場所への誘客を実施するとともに、どこでもストアを利用したユーザーの行動解析等を行い、効果測定を実施します。
・ 『どこでもストア®』機能を搭載したO2Oアプリの開発
ー 『どこでもストア®』は、現在は実機を設置した場所で、利用者がVRで閲覧できるサービスですが、今後この情報を消費者が場所を問わず閲覧できるように、O2Oアプリとして開発・提供することも予定しています。

2.アライアンスによる、「ビジネスVR×O2Oソリューション」の普及・拡大
両社は、不動産業界、小売・流通業界、鉄道業界等、親和性の高い顧客をもっているため、相互顧客紹介を行うことで、「ビジネスVR×O2Oソリューション」の普及・拡大を進め、シナジーを高めてまいります。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.