アプリ ゲーム ニュース

スマホ向け都市建設シミュレーションゲーム「SimCity BuildIt」とコラボし「シムシティ課」を設立した宮崎県小林市、高校生によるによる最終報告のレポートを公開

投稿日:

都市建設シミュレーションゲーム「SimCity」シリーズのスマートフォン向けタイトル「SimCity BuildIt」(iOS/Android)とコラボレーションし「シムシティ課」を設立した宮崎県小林市が、この取り組みの集大成として12月14日(金)に「シムシティ課タウンミーティング ~市長に発表しよう~」を開催し、地元高校生31名による最終報告を発表した。

スマホ向け都市建設シミュレーションゲーム「SimCity BuildIt」とコラボし「シムシティ課」を設立した宮崎県小林市、高校生によるによる最終報告のレポートを公開

宮崎県小林市「シムシティ課」とは、理想のまちを「SimCity BuildIt」でかたちにして議論する市長公認の新たなまちづくりの取り組みで、若い世代に、小林市のことやまちづくりについて関心を持ってもらうことを目的としたもの。「シムシティ課」の職員は、小林市職員と宮崎県立小林秀峰高等学校の有志で結成され、宮崎県立小林秀峰高校では、総合学習の時間を活用した正規の学習プログラムとして同タイトルを教材に活用し、小林市の理想の未来像を描いた。
タウンミーティング当日は、全31名の学生が8班に分かれ検討してきた「理想の小林市」を、宮原義久市長をはじめ、会場に集まった市職員や、市議会議員たちなど約30名の来場者に対しプレゼンテーションを行った。参加者の投票により、最も優れた発表を行ったチームとして、「エンタメが発達した小林市」をテーマに小林市の特産物(なしやメロン等)の形をした映えるバス停など、東京の女子高生が思わず写真を撮ってしまいそうな場所を作る“映え”を意識したアイディアを提案した1班が優勝チームとして表彰されたとのこと。発表されたアイディアは今後、クラウドファンディングを通じて実現を目指していく予定。各班の発表内容は特設サイト内の活動報告から閲覧できる。

特設サイトURL
https://department-of-sim.city/

◯「シムシティ課」全8班の発表テーマ
・1班:エンタメが発達した小林市
・2班:新婚夫婦が子育てしやすい街
・3班:働きやすい街小林市
・4班:ヨーロッパのような自然と気品を兼ね備えた街
・5班:農家をしている人にとって魅力的な小林市
・6班:高齢者に便利な街
・7班:都会と田舎が共存する小林市
・8班:学生が住み続けたいと思う街

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.