アプリ ゲーム ニュース

スマホ向け都市建設シミュレーションゲーム「SimCity BuildIt」とコラボし「シムシティ課」を設立宮崎県小林市、好評を受けPR動画「市長YouTuber:小林市をシムシティで再現してみた。」を公開

投稿日:

スマホ向け都市建設シミュレーションゲーム「SimCity BuildIt」とコラボし「シムシティ課」を設立宮崎県小林市、好評を受けPR動画「市長YouTuber:小林市をシムシティで再現してみた。」を公開

宮崎県小林市とエレクトロニック・アーツ株式会社(Electronic Arts、以下EA)が、2018年10月17日に、今までにない地方創生プロジェクトとして発表した「シムシティ課」設立への好評を受け(過去記事はこちら)、宮原義久市長本人がYouTuberとなり、都市建設シミュレーションゲーム「SimCity」シリーズのスマートフォン向けタイトル「SimCity BuildIt」(iOS/Android)をプレイして「シムシティ課」の活動を伝えるPR動画「市長YouTuber:小林市をシムシティで再現してみた。」を公開した。

スマホ向け都市建設シミュレーションゲーム「SimCity BuildIt」とコラボし「シムシティ課」を設立宮崎県小林市、好評を受けPR動画「市長YouTuber:小林市をシムシティで再現してみた。」を公開

「市長YouTuber:小林市をシムシティで再現してみた。」は、宮崎県小林市の市長である宮原義久市長本人が出演し、「シムシティ ビルドイット」で再現された小林市の街をプレイしながら、市民から寄せられる不満や感謝の声に一問一答形式で回答していくもの。ゲームを通じて発見された市政の課題について検討し、誰にでも親しみやすい新しいまちづくりに挑戦する「シムシティ課」らしさを表現するためのYouTuber風のPR動画となっている。
なお、「シムシティ課」は今後も様々な活動を予定しており、活動報告は随時、特設WEBサイト(https://department-of-sim.city/)で更新されるほか、12月中旬には宮崎県小林市において活動報告会を開催し、市長をはじめ市職員や市民たちに対して、自分たちが考えた小林市の将来構想をプレゼンテーションする予定となっている。
配信概要は以下のとおり。

動画概要
このたび公開された「市長YouTuber:小林市をシムシティで再現してみた。」は、2018年10月17日に、今までにない地方創生プロジェクトとして発表した「シムシティ課」設立への好評を受け、宮原義久市長本人がYouTuberとなり「シムシティ ビルドイット」のプレイを通じて、誰にでも親しみやすい新しいまちづくりに挑戦する「シムシティ課」らしさを表現するためのYouTuber風のPR動画となっています。
本動画の見どころは、現職市長YouTuberとして登場する宮原義久市長とシムシティ課のあんらく課長による訛りの強すぎる“西諸弁”の掛け合いです。動画内の翻訳と合わせてお楽しみください。

動画タイトル: 市長YouTuber:小林市をシムシティで再現してみた。
公開開始日: 2018年11月14日(水)
動画URL: https://youtu.be/DfIbhexkgkU
特設サイト: https://department-of-sim.city/

スマホ向け都市建設シミュレーションゲーム「SimCity BuildIt」とコラボし「シムシティ課」を設立宮崎県小林市、好評を受けPR動画「市長YouTuber:小林市をシムシティで再現してみた。」を公開

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.