VR ニュース

超高解像度VR HMDを開発するVarjo、3,100万ドルを調達

投稿日:

超高解像度VR HMDを開発するVarjo、3,100万ドルを調達

VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を開発するフィンランドのスタートアップのVarjo Technologiesが、シリーズBの資金調達ラウンドにて3,100万ドル(約35億円)を調達した。

Varjo Technologiesは、人の目と同程度の超・高解像度のVR HMDの実現を目指しているスタートアップで、今年3月には同HMDの開発のため日本のソシオネクストと業務提携を行っている(過去記事はこちら)。同社が開発中のHMDは70MP (メガピクセル) の解像度で視野100度の映像を表示でき、既存の第一世代のVR HMDの機能を大きく上回るとのことで、2018年中のリリースを予定している。
同社では今回調達した資金により、新たな人材を獲得し、現在の80名規模から200名規模までチームを拡大するとしている。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.