VR ニュース

HoloEyes、医療コミュニケーション支援ツール「HoloEyesXR」のOculus Go対応を開始

投稿日:

HoloEyes、医療コミュニケーション支援ツール「HoloEyesXR」のOculus Go対応を開始

HoloEyes株式会社が、医療コミュニケーション支援ツール「HoloEyesXR」にて一体型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)のOculus Goへの対応を開始した。

「HoloEyesXR」は、患者のCTスキャンデータやMRIデータから3DのVRやMRのアプリケーションを生成し、医療コミュニケーションを革新するクラウドサービス。同社はこれまで「HoloEyesXR」を、HTC VIVEやWindows Mixed Reality、Microsoft HoloLens向けに展開し、2018年7月からLenovo Mirage Solo with Daydreamにも対応してきた。今回のOculus Go対応によって、よりHoloEyesXRサービス活用の選択の幅が拡張されたことになる。Oculus Go版のHoloEyesXRも利用料金は従来と同様の金額でのチケット制となる(1チケット1万円※料金プランによって異なる)。
同社は今後も新たなVR HMDについて市場ニーズを踏まえながら対応を進め、より多くの医療機関および医療関連の学校などへのスムーズな導入を促進していくとしている。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.