イベントレポート レポート

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」

投稿日:

このサイトでは、以前より台湾台北市に拠点を置くインディゲームディベロッパーのSigonoが開発するスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS」シリーズをご紹介してきました。ある人類滅亡後のディストピアに生き残ったキャラクターたちを主人公にした同シリーズは、切なく物悲しい雰囲気ながらも美しい世界観やアートワーク、BGMが高く評価され、台湾を超え世界的な高評価を獲得しています。
今回の東京ゲームショウ2018には、この「OPUS」シリーズの最新作となるスピンオフタイトル「魂の架け橋-序章-」が試遊出展されていました。

【やってみた】人類滅亡後の世界で最後のロケット打ち上げを目指す…切ない探索アドベンチャーゲーム「OPUS: 魂の架け橋」

【やってみた】広大な宇宙で母なる地球を探す切ないスペースロマンアドベンチャー「OPUS 地球計画」

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」
「魂の架け橋-序章-」は、シリーズ2作目の「OPUS:魂の架け橋」の主人公の一人である巫女・フェイの過去を描いた作品で、「OPUS:魂の架け橋」の序章とも言うべきストーリーが描かれています。基本的には既に前作をプレイしている人に向けたスピンオフではありますが、全く同シリーズを知らなかった人でも本作をプレイすることで作品のバックグランドを知ることができるため、「ガイドアプリ」としての役割を担っているといえます。

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」
ストーリーはフェイの子供時代から始まります。この世界では女性だけがなれる「巫女」がリーダーの役割を果たしており、巫女候補は幼少の頃から専門教育を受けます。フェイは小さな頃からお転婆の限りを尽くしていましたが、第46代巫女となる宿命を背負っているため、周囲の大人たちに優しく見守られながら大切に育てられていました。

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」
そして無事成人を迎え、フェイは晴れて正式な巫女となります。しかし平和な日々は長くは続きません。

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」
ある日世界に”何か”が起こり、人類最後の希望である巫女のフェイは半ばむりやりコールドスリープ状態にさせられ施設の地下に封印されてしまいました。

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」
次に彼女が目覚めたのは、長老の巫女どころか人類のほぼ全てが滅びてしまいディストピアと化した世界。人類が滅びてしまったのでフェイが眠る装置を管理する人もいなくなり、その不具合によって偶然目覚めてしまった彼女は、施設から脱出するために行動を開始します。ここからが本格的なゲームの始まりで、プレイヤーはフェイを操作して施設内の気になるところを探索し、脱出のためのギミックを見つけていきます。

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」
本作のポイントは、シリーズ初の3DCGが取り入れられていること。画面内の気になる場所をタップするとフェイが自動的にそこまで歩き、何かギミックが仕込まれている場合はそれが発動します。

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」

【TGS2018レポート】人類滅亡後の世界を描いた切ないスペースロマンアドベンチャーゲーム「OPUS-魂の架け橋」のスピンオフ版「魂の架け橋-序章-」

「OPUS:魂の架け橋」では、すっかりやさぐれてしまったもう一人の主人公・ヨハンとは逆に最初からやる気満々だったフェイ。でも本作をプレイすると、そんな彼女もまた失意や不安、絶望を味わっていたことが分かります。彼女はどうやって絶望の淵から復活して巫女としての本分を尽くそうと思ったのでしょうか?それは本作を最後までプレイすると明らかになります。

本作はゲームのジャンルとしてはフル3Dの謎解き脱出ゲームですが、ギミックはそんなに難しくはなく、通してプレイすると15~20分程度でクリアできてしまう短編作品ですが、世界観の作り込みやアートワーク、BGMの完成度は従来シリーズと同様で、短いながらも一気に作品世界に引き込まれてしまいます。既にリリースされているタイトルなので、従来シリーズをプレイしたことのある人もない人も是非プレイしてみて下さい。

iOS版はこちら(無料)

Android版はこちら(無料)

東京ゲームショウ2018レポート一覧はこちら

-イベントレポート, レポート
-, , , , , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.