VR イベント ニュース

よむネコ、VRアクションRPG「ソード・オブ・ガルガンチュア」を東京ゲームショウ2018に出展

投稿日:

よむネコ、VRアクションRPG「ソード・オブ・ガルガンチュア」を東京ゲームショウ2018に出展

株式会社よむネコが、同社の新作タイトルであるVR専用アクションRPG「ソード・オブ・ガルガンチュア(SWORDS OF GARGANTUA)」を9月20日~23日に幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2018に出展する。また出展に合わせメインテーマ曲を公開しており、ブースでは大阪大学との共同研究中のVR用の技術を「ソード・オブ・ガルガンチュア」に対応させ展示する。ブースはホール10のVR・ARコーナー 10-W30で、プレイは時間指定の予約制になる。

「ソード・オブ・ガルガンチュア」は、ガルガンチュアと呼ばれる巨人たちによって支配された世界で行われる4人プレイヤー向けオンライン剣戟アクションRPG。プレイヤーは、ガルガンチュアの軍勢に対抗し人類の自由のために戦う。当初は「ガルガンチュア」というタイトルだったが、英語名の「Swords」に、オンラインでの協力プレイを前提としたゲームとしての意味を込め「ソード・オブ・ガルガンチュア」に変更。そのタイトルどおり。ゼロから設計されたユニークなコリジョンシステムによって、敵の頭に斬りつける様々な武器、自分自身を守るための盾によるブロックやパリイ、敵を吹っ飛ばすパンチといったリアルな剣戟アクションが楽しめる。対応プラットフォームはOculus Rift、HTC VIVE、Windows Mixed Realityで、2018年冬の発売の予定をしているという。
同社では出展に合わせ、ガルガンチュアのテーマ曲「メインテーマ ソード・オブ・ガルガンチュア」のメイキング映像を含めたプロモーションビデオを公開した。作曲はゲーム音楽の作曲家として知られる岩垂徳行氏が担当し、編曲は深川翔太氏が担当した。

よむネコ、VRアクションRPG「ソード・オブ・ガルガンチュア」を東京ゲームショウ2018に出展

また、ビジネスデイには、大阪大学のデバイス“GVS”技術の展示を実施する。GVSとは、前庭電気刺激(Galvanic Vestibular Stimulation)のことで、頭部に微弱な電流を流し、人にバーチャルな加速度感覚を感じさせるもの。これを活用することで、ゲーム内の剣戟での衝撃や移動の臨場感など、従来では表現できなかった演出を補完する。このGVS技術は、大阪大学の安藤英由樹准教授の特許をベースに、学生である北尾太嗣氏が代表となり事業化に取り組んでおり、その取り組みを大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社が支援している。同社では、「ソード・オブ・ガルガンチュア」をGVSに対応させることで、VRコンテンツのニーズ検証を目的とした実証実験を共同で進めている。

よむネコ、VRアクションRPG「ソード・オブ・ガルガンチュア」を東京ゲームショウ2018に出展

-VR, イベント, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.