AR ニュース

角川アスキー総合研究所、網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA Display」の一般向け受注を開始

投稿日:

角川アスキー総合研究所、網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA Display」の一般向け受注を開始

株式会社角川アスキー総合研究所が、アスキーブランドの公式オンラインストア「アスキーストア」にて株式会社QDレーザが開発・販売する網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA Display」の初の一般(個人)向け受注を本日2018年7月31日(火)より開始した。現時点でオンラインECサイトでの扱いはアスキーストアのみとなっている。出荷は今秋の予定で価格は59万8,000円(税別)で送料は無料。

「RETISSA Display」は、三原色レーザ光源からの微弱な光と高速振動する微小な鏡(MEMS ミラー)を組み合わせ、網膜上に映像を描き出すレーザ網膜走査技術「VISIRIUM テクノロジー」を採用したヘッドマウントディスプレイ。眼鏡型のフレームに内蔵された超小型プロジェクタから、片眼の視野中心部(水平視野角約26度、アスペクト比16:9)に、HDMIで接続した機器からのデジタル映像を網膜に直接投影することができる。原理上、装着者の視力(ピント調節機能)やピント位置に影響を受けにくく、また肉眼で見る風景と投影映像のピントずれがない新たなAR体験が可能となる。また目のピント調節機能の影響を受けないため、近視や遠視、乱視、老眼など視力に課題がある人でも矯正なしでクリアな映像を楽しむことができる。

-AR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.