やってみた コラム

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」

投稿日:

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」

Eden Obscura」は、2008年に「PixelJunk」シリーズの一つとしてPS3向けにリリースされ、全世界で80万本を達成した人気作「PixelJunk Eden」のスマートフォン向け最新タイトルです。ランダムに蔓を伸ばす植物のような有機的なオブジェクトに、陶酔感を誘うテクノ/ディープハウスサウンドのBGMが組み合わさり、さらにスマートフォンならではのカメラ機能が取り入れられ、ゲーム画面に日常風景がリアルタイムに融合されるという独自機能を持っています。ゲームと言うよりインタラクティブな現代アート作品のようなタイトルで、雰囲気ゲーが好きな人もきっと楽しめるでしょう。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
こちらが一番最初にアプリを起動した時の画面。カメラをとおして部屋のカーテンの模様がゲーム画面に反映されています。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
本作の具体的な内容は、紙に墨汁を垂らす画法によって描かれた植物を足場にして、どこかに触れるとそこを中心にぐるぐると周るキャラクター「グリンプ」を操作し、成長していく植物を渡り歩きつつアイテムを取り、ステージを攻略していくというもの。躍動感溢れる植物と自分の周囲の風景がリアルタイムに融合されていくゲーム画面や成長する植物、そこにかぶせられるグルーヴ感溢れるBGMが独特の世界観を構築しています。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
グリンプは植物のどこかに止まるとそこを中心にぐるぐると周り続けますが、画面のどこかをタップした途端にそこをめがけてピュンッと飛んでいきます。そのまま何もしないとフレームアウトしてゲームオーバーになってしまいますが、その前にまたどこかをタップするとそこに飛んでいき、途中でまた植物に触れるとそこで回転します。テンポよく画面をタップして着地点を探し、そこをめがけてグリンプを上手く導くのがプレイのコツです。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
まず最初にGETしなければならないのは「ポレンプラウラー」という宙に漂っている花のようなオブジェクト。これをグリンプの回転の中に取り込みできるだけたくさん入手していきます。ちなみにこれは触れると文字のような「ポレン」というオブジェクトをそこらじゅうに散らすのですが、そのビジュアルがまた綺麗です。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
自分のグリンプの周りに「ポレンプラウラー」が降ってきました!足場を決めてどんどん回転に取り込んでいきましょう。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
しばらくポレンプラウラーを集めていくとステージ上に「スペクトラ」というオブジェクトが出現します。ここに着地するとステージクリアになるので、飛び回りながらそれを探しましょう。なお、スペクトラも様々な形状があり、これを見つけていくと新しいガーデン(ステージ)が開放されます。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
画面上部にスペクトラ発見!これに飛び込めばステージクリアです。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
次のステージはオレンジが基調になっていますが、背景デザインも異なっています。これもまた周囲の風景を取り込んでいるのですが、まるでカメラアプリのフィルターのようですね。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
次のステージより、新たな要素として円状のオブジェクト「シード」が登場します。これまでのプレイで集めたポレンをこのシードに導くことによって、足場となるプラント(植物)の蔓が伸びて成長していきます。その分足場が増えて安定した移動が可能になるので、シードを見つけたらどんどんそれらを目指して飛んでいきましょう。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
画面左にシード発見!できるだけポレンをたくさん集めて着地を目指します。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
画面内に複数のシードが現れた時は大チャンス!その分足場にできる植物の株自体が増えて行動範囲が一気に広がります。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
ゲームを進めてレベルを上げることにより新しいグリンプが開放されていきます。グリンプにはそれぞれ固有の名前と設定、スキルがあり、ゲームをプレイすればするほど使用できるグリンプの種類が増えていき、ガーデン(ステージ)の種類により使い分けができるようになります。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
なお、本作からの新要素として、ジャンプ力を高めたり、ステージの重力やビジュアルに影響を与えるアイテム「スパイス」が実装されています。これもグリンプと同様にステージを進んでいくごとに開放され、これらを上手く組み合わせることで以後のステージを楽に攻略できるようになります。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
ではさっそく使ってみましょう!確かにジャンプ回数が増えて移動が楽になり、よりゴールを目指しやすくなりました。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
ステージをクリアしていくメインのゲームのほかに、スマートフォンのカメラを使って周囲の景色に存在する「色」を探してエネルギーゲージにチャージしていくミニゲームも用意されています。今自分がいる場所に存在する「色」に注目するなんてなかなか新しい体験です。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
ここで集めなければならないのはオレンジと黄緑と黄色の3色。黄緑の集まりが何気に悪いですが、だからといってすぐに黄緑の物が見つかるわけでもなく…。日常の中で特定の色を探すのは何気に難しいものです。

【やってみた】周囲の景色と色を取り込む「PixelJunk」シリーズのスマホゲーム「Eden Obscura」
こうして色集めをすることで、ご褒美としてスパイスや新しいガーデンがもらえます。

…とまあ、似ているゲームを例に挙げるのがおそらく不可能な非常に独自性の高いタイトルです。ゲームはあまりやらない、という方でも、インタラクティブアートやデジタルアートが好きな人なら何か感じるものがあるのではないでしょうか。

iOS版はこちら(無料)

Android版はこちら(無料)

 

Pixel Junk Eden オリジナル・サウンドトラック
Pixel Junk Eden オリジナル・サウンドトラック

-やってみた, コラム
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.