コラム 特集

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」

投稿日:

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」

先週、6月10日にオープンしたばかりの仙台で今一番新しいコワーキングスペース「M's House」にお邪魔しました。なんと15名の運営スタッフのうち一人を除いてあとは皆現役学生という超フレッシュな場所。そのため利用者にも学生が多く、中には高校生までいるとのこと。おそらく仙台において最も平均年齢が若いコワーキングスペースでしょう。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
まずここの何が凄いって便利過ぎる立地です。なんと仙台駅前のアーケード商店街「ハピナ名掛丁」の中にある複合ビル「Ever-i」の一階!アーケード商店街の中の一階店舗というだけでも便利なのに、さらに仙台駅から徒歩約5分、JR仙石線あおば通駅からも徒歩約1~2分という駅近店舗。学校帰りや仕事帰り、または出張やレジャーで仙台の中心部に来たついでに寄るのにピッタリです。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
店内はカーペット敷きで土足禁止なので、入ったらまず靴を脱いで靴棚に置きましょう。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
入って左側にはキッチン&受付カウンターがあり…

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
中央には大きな長机があり、ここが主な作業スペースとなっています。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
特徴的なのはこの充実したコインロッカーで、大きな荷物が入るサイズも完備。正直店舗面積自体は今まで訪問したコワーキングスペースの中で最も狭いですが、このロッカーがあるお蔭で荷物が多い人でも身の回りがゴチャゴチャしません。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
なお、ロッカーの一つには誰でも自由に読める古本が入っています。コワーキングスペースの定番である書籍コーナーがないなあ…と思っていたら、ロッカーが本棚になっていたんですね。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
ミュージシャンが来ることもあるのでギターもあるほか…

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
これまたコワーキングスペースの定番と化しつつある「人をダメにするクッション」も置かれています…が、クッションの上でなく下でダメになっている人は初めて見ました。なんかこう、フリーランスや起業家がバリバリ仕事をする感じではなく、放課後の文化部の部室のような良い意味でのゆる~い雰囲気のある場所です。ここは自分の家でもなければ学校/職場でもない、生活の中の「第三の場所」なのかもしれません。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
とは言えここはコワーキングスペース、店内にはプリンタ、Wifi、ホワイトボードといった仕事に必要な備品があるほか、300円/1時間でプロジェクターも利用できます。店舗の貸し切り利用も学生は1500円、一般でも2500円からできるので、ここを会場にイベントを企画することも可能です。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
また、開店から一ヶ月強しか経っていないにも関わらず既に様々なイベントを開催しています。ホワイトボードには今後の予定と「これからやりたいこと」がびっしりと書き込まれていました。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
なんでも運営スタッフの中にフィンランドが好きな人がいるとか。仙台市とフィンランド・オウル市は友好都市協定を締結しているご縁もあるので、行政や団体とコラボして何かフィンランドに関するイベントをやったら面白いのではないでしょうか。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
壁には運営スタッフの皆さんの写真が。ほとんど大学生!20代!若い!まぶしい!

…と、実に平均年齢の若い場所ではありますが、もちろん学生だけでなくそれなりの歳の社会人も普通に利用できます。私も最初は「ヤバい!若い人しかいない!」と一瞬焦りましたが、なめこやゲームの話をしていたらなんだかんだ2時間くらいすぐに経っていました。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.7】運営の主体は学生 現時点の仙台で最も新しいコワーキングスペース「M's House」
仙台市はゲーム系ビジネスに注力している土地柄か、利用者にはゲーム開発やプログラミング学習をしている人もいるそうで、この日も他の利用者さんから開発中のゲームを見せてもらいました。

利用は、単発利用のドロップインと月額料金を支払う会員システムの双方に対応しており、前述のように貸し切り利用もできます。ドロップインは学生なら1時間200円から可能で、一般でも営業時間めいっぱいいても800円という激安設定!(料金表はこちらを参照)。この安さなら高校生が利用するのも納得です。新たな出会いや学びの機会がある分、ネットカフェに行くよりもはるかに有意義な時間を過ごせるでしょう。

【店舗情報】
住所:
宮城県仙台市青葉区中央2-1-27 Ever-i 中央ビル1F
営業時間:
火・水・木曜日:15:00〜23:00
土・日曜日…12:00〜23:00
公式サイト:
http://mshouse-tohoku.com/
Twitter:
https://twitter.com/mshousetohoku
Facebook:
https://www.facebook.com/mshousetohoku/

-コラム, 特集
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.