VR ニュース

凸版印刷、壁一面に超高精細映像を表示する「感動体験型映像空間」を開発

投稿日:

凸版印刷、壁一面に超高精細映像を表示する「感動体験型映像空間」を開発

凸版印刷株式会社が、壁一面に超高精細映像を表示して現実の世界にいるかのように感じられる感動体験型空間ソリューション「エクスペリエンスウォール」の販売を2018年6月から開始する。

凸版印刷、壁一面に超高精細映像を表示する「感動体験型映像空間」を開発

「エクスペリエンスウォール」は、株式会社タテイシ広美社と共同で開発した、世界最高水準の高精細1.5mmピッチのLED(発光ダイオード)ディスプレイに、撮影から編集まで独自に制作した8Kの高精細映像を表示し、さらに天井と壁面のデザインから施工まで行うことで、フレームのない大画面での没入感のある空間を実現した空間ソリューション。480mm×270mmのLEDパネルを単位に、パネルを縦横に並べて組み合わせて自由にサイズを設計できるのが特長で、パネルの長辺か短辺の一辺が接して連結していれば全体の形状も自由。階段状や壁面の360度外周、内部にパネルがない空白部分なども設計できる。高精細LEDの最大の特長である高輝度でハイコントラスト(明暗の差)な超高精細映像コンテンツに適しており、駅や空港など交通施設のメインゲートや、商業施設、テーマパーク等での動画、静止画、CG映像の表示や、プロジェクションマッピングの様なエンターテインメントとしての演出も可能。さらに、フレームのない大画面に実物大の映像を表示することで、自動車や住宅設備などのバーチャルショールームにも利用できます。
凸版印刷では大型施設、駅や空港、企業ショールームなど向けに販売するという。既に2018年6月7日に同社が新設した地方創生・観光立国の共創拠点「NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI」に於いて同ソリューションを活用している。導入価格は600万円/㎡~(音響設備、コンテンツ制作費別途)で、施工期間は製造期間も含み約5カ月。凸版印刷では同ソリューションを拡販し2020年度に関連受注含め約80億円の売上を目指すとしている。

凸版印刷、壁一面に超高精細映像を表示する「感動体験型映像空間」を開発

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.