アプリ ゲーム ニュース

クリーク・アンド・リバー社、韓国産ゲームの日本展開を開始

投稿日:

クリーク・アンド・リバー社、韓国産ゲームの日本展開を開始

株式会社クリーク・アンド・リバー社が、韓国の現地法人CREEK & RIVER KOREA Co., Ltd.(以下CRK)と共同で、韓国を中心に海外の人気スマートフォンゲームを日本で配信する「日韓ゲーム共同パブリッシング事業」を開始する。

同事業において、CRKは韓国のモバイルゲームの日本における販売権の取り次ぎを行い、クリーク・アンド・リバー社がローカライズおよびカルチャライズ、運営、配信を担当する。
クリーク・アンド・リバー社は現在、自社ゲームスタジオに約400名のクリエイターが在籍しており、2015年12月より配信をスタートしたスマホRPG「戦国修羅SOUL」では、アジア各地において、企画・開発・運営までを手掛けている。また、CRKは韓国内のゲーム会社とのネットワークを活用し、2018年4月には「ファイブキングダム―偽りの王国―」(日本名)を取り次ぎ、今夏より株式会社リイカと共同配信予定。今後、クリーク・アンド・リバー社とCRKは連携を強化し、韓国の優れたゲームコンテンツを、より多くの日本のユーザーに届けるとしている。

-アプリ, ゲーム, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.