AR ニュース

エイベックスが音声AR事業に参入 新事業「SARF」を発表

投稿日:

エイベックスが音声AR事業に参入 新事業「SARF」を発表

エイベックス株式会社が、音楽の新しい楽しみ方、新しい体験の創出を目的とした音声によるARコンテンツのシステム開発・コンテンツ制作・営業・コンサルティング事業「SARF(サーフ)」を開始すると発表した。その第一弾として、定額制音楽ストリーミング配信サービス「AWA」と渋谷区観光協会とのコラボレーション企画として、大塚愛さんがナビゲーターを務める渋谷の観光ガイド・コンテンツなど3つの音声ARコンテンツ「AWALK」を5月18日(金)より「AWA」にて配信する。

「SARF(Sound Augmented Reality Factoryの略)」事業は、音楽の新しい楽しみ方、新しい体験をARの仕組みを用いて演出する取り組み。スマートフォン・PC・AIスピーカーなど既存のIoTデバイスと、現行の定額制音楽ストリーミング配信サービスを組み合わせることで、音楽コンテンツを含むサウンド(聴覚)や振動(感覚)によるこれまでに無い拡張現実を、様々な社会ソリューションやエンタテインメント・コンテンツとしてリリースしていくという。
同事業では今後、「観光」「ゲーム開発」「ノーマライゼーション」「コンテンツ創作の民主化」の4つの事業カテゴリーにおいて、展開していく予定とのこと。それぞれの概要は以下のとおり。

1.観光事業
Wi-Fiやビーコンなどを活用し、観光音声ガイドを提供するシステムの構築を目指します。具体的には、観光地での多言語ルート案内やトリップビア(トリップとトリビアを合わせた造語)・サービスを含む音声ナビゲーション・システムや、交通機関に対して、音楽とトリップビア・サービスを組み合わせて「移動時間」のエンタテインメント化ソリューションを、旅行会社や地域の観光協会などと共同で企画開発し提供します。

2.ゲーム開発事業
リアルな街や自然(現実世界)を、音声や音楽によってゲーム・フィールド化します。具体的には、観光地での宝探しやスタンプ・ラリー、街や建物を舞台にした「没入型RPGゲーム」などのサービスを、ゲーム会社や広告会社などと共同で企画開発し提供します。これらのゲームは視覚情報に頼らないため、より未来予測の出来ないサプライズ演出を可能にします。また、モバイル画面デバイスや印刷物などの視覚情報に頼る場面を極力少なくすることで、ユーザーの体験時におけるセーフティ・ソリューションとしても機能させます。

3.ノーマライゼーション事業
視覚障害者に対するアクセシビリティの向上を目的とした「音声ガイド」の企画開発を行います。具体的には、音声AR機能を、信号や横断歩道、点字ブロックや盲導犬など、既存の物理的ソリューションと組み合わせることで、より、安全で円滑なノーマライゼーション環境の実現を目指します。

4.「SARF」コンテンツ創作の民主化事業
法人によるコンテンツ提供だけではなく、個人による個人のためのコンテンツ創作を推奨・サポートを行います。具体的には、当社ならではのシナジーを活用して、一般のクリエイターのための「著作物(楽曲)利用サービス」、および「サウンドARコンテンツ制作から配信までをユビキタス化するアプリケーション」を開発する予定です。

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.