イベントレポート レポート

【TOKYO SANDBOX 2018レポート】恋い焦がれるが焼き焦がしてしまう…太陽になって太陽光が苦手な女の子を見守るディフェンスゲーム「テラセネ それでも君を照らしたい」

投稿日:

【TOKYO SANDBOX 2018レポート】恋い焦がれるが焼き焦がしてしまう…太陽になって太陽光が苦手な女の子を見守るディフェンスゲーム「テラセネ それでも君を照らしたい」
「テラセネ それでも君を照らしたい」は、ゲーム開発サークル「SleepingMuseum(森のゲーム開発室)」が手がけるスマートフォン向け”恋い焦がし”ディフェンスゲームです。プレイヤーは太陽となり、太陽光を浴びると灰になってしまう少女の夜歩きを見守りながら、彼女を闇に連れ去ろうと寄ってくる悪魔達を光の力で撃退していきます。少女に恋い焦がれる太陽と、決して太陽光を浴びてはならない少女…この相反するキャラクターの設定だけでもう切なくなってきます。

【TOKYO SANDBOX 2018レポート】恋い焦がれるが焼き焦がしてしまう…太陽になって太陽光が苦手な女の子を見守るディフェンスゲーム「テラセネ それでも君を照らしたい」
少女は太陽光を浴びてはならないので毎日夜になってから外出します。それにしてもなぜ彼女は悪魔に連れ去られるかもしれないリスクを冒してまで外出するのでしょうか?その理由もゲームを進めていくと徐々に明らかになっていきます。

【TOKYO SANDBOX 2018レポート】恋い焦がれるが焼き焦がしてしまう…太陽になって太陽光が苦手な女の子を見守るディフェンスゲーム「テラセネ それでも君を照らしたい」
具体的なプレイ方法は、画面上部の太陽から伸びる光の方向を操作し、少女の左右から寄ってくる悪魔だけに上手く光を当てて焼いていくというもの。太陽光は時計回り/反時計回りに自動で回転し、画面をタップし続けている間だけ回転方向を逆にできます。ただし回転スピードは常に一定で、ちょっと光を当てた程度ではすぐに悪魔は消えません。いかに悪魔の出現ポイントを見極めて素早く判断し、かつ少女にできる限り光を当てないようにするかという繊細な操作が問われます。

【TOKYO SANDBOX 2018レポート】恋い焦がれるが焼き焦がしてしまう…太陽になって太陽光が苦手な女の子を見守るディフェンスゲーム「テラセネ それでも君を照らしたい」
ゲームはチャプター形式となっており、ある程度ザコ悪魔を倒すと最後に大きなサイズのボス悪魔が出現。ボスはザコよりもタフで、より長く光を当てないと消えてくれません。しかも悪魔たちはちょこまかと動くので光で捕まえるのが大変!

【TOKYO SANDBOX 2018レポート】恋い焦がれるが焼き焦がしてしまう…太陽になって太陽光が苦手な女の子を見守るディフェンスゲーム「テラセネ それでも君を照らしたい」
このゲームのポイントは、悪魔と同様に守るべき少女も光を浴びると体力ゲージが減ってしまうということ。女の子は日傘を差しているので少々光を浴びたくらいではすぐには死にませんが、悪魔が女の子に接触すると一定時間日傘を落としてしまい、その間にうっかり光を当てると大ダメージを与えてしまいます。少女を避けて悪魔だけ燃やすという微妙な操作が難しい!太陽の光は画面タップをする/しないに関わらず常に自動的に回転するので、それを止めて同じ場所に光を止めるため画面を細かく連打するというファミコン黄金時代の名人のような技も必要になってきます。なお、ボス悪魔には「真の姿」があり、光を当てることでその正体が見えるという仕掛けもあるのですが、これもストーリーに関係してくるのかも?

チャプターは全7章で構成されており、ストーリー→ザコ戦→ボス戦と進行します。そしてストーリーを読み進めることで、女の子が夜歩きする理由や太陽が少女に恋い焦がれる理由が明らかになっていきます。今回プレイしたデモ版では一種類の攻撃方法しか試せませんでしたが、悪魔を倒すと入手できるゲーム内通貨を使用し、太陽の攻撃手段を増やすことができる強化要素もあるとのこと。正式リリースは今春の予定で、現在「予約トップ10」にて事前登録受付が行われています。

iOS版事前登録ページはこちら

Android版事前登録ページはこちら

TOKYO SANDBOX 2018全レポート記事はこちらから

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.