VR ニュース

JAF、高速道路の危険について検証した360度動画を公開

投稿日:

JAF、高速道路の危険について検証した360度動画を公開

一般社団法人日本自動車連盟(以下JAF)が、開通前の東関東自動車道において路肩停止時の危険性について実験を行い、その様子を360度動画に収めた「高速道路編」をYoutubeにて公開した。

JAF、高速道路の危険について検証した360度動画を公開

高速道路で事故や故障等でやむを得ず車を止めた際、本線上や路肩に出て、歩き回ることは非常に危険だが、依然として運転者や同乗者が本線上や路肩で後続車にはねられる事故が多く発生しているという。そこでJAFでは、リアリティをもってその危険を体感してもらうため、360度周囲を確認できるVR動画を活用し、高速道路の路肩に停止し降車した人の目線で待機場所の良い例・悪い例を紹介。映像では走行車両が接近してくる速度感と距離感をリアルに感じることができるとともに、本線走行中には一見広そうに見える路肩の狭さも確認できる。これらの動画では、タイヤ交換作業をドライバー自らが行った場合、走行車両から作業者(ダミー人形)がどのよう見えているかも確認できる。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.