AR VR ニュース

ARスポーツ「HADO」が韓国に進出決定

投稿日:

ARスポーツ「HADO」が韓国に進出決定

株式会社meleapが、韓国の大手通信事業者KT Corpと業務提携し、AR(拡張現実)技術を使用したスポーツ「HADO」の韓国展開を行うと発表した。最初の共同事業として、ソウルに都心型VRテーマパーク「VRIGHT(ブライト)」をオープンする。

「HADO」は、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つAR技術を使ったスポーツ。3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。現在、HADOは世界8ヶ国16ヶ所にプレイフィールドを展開し、これまで延べ80万人以上が体験している。
KTは、2014年にソウルにて世界初のホログラム専用館「K-live」をオープン。これまで約30万国内外の観覧客が訪問しました。また2017年には、世界的なスポーツイベント「FIFA U-20 ワールドカップ」が開催された全州/水原ワールドカップ競技場で5Gの試験網を構築し、VR生中継を通じて「360度VR」や「インタラクティブタイムスライス」などで技術力を披露するなど、体感型メディア事業を積極的に行ってきた。さらに今後も投資を行い、3年後の2020年までに韓国にて体感型メディア市場規模を1兆ウォン規模に拡大するというビジョンを掲げているという。
今回オープンが決定した「VRIGHT」では、HADOの他に、世界的な一人称シューティングゲーム「スペシャルフォース」をVRゲームで再誕生させた「スペシャルフォースVR:UNIVERSAL WAR」とフライングジェット(Flying Jet)など、約50種のVR/ARコンテンツを用意する予定で、KTではこの体感型メディア空間事業を2020年までに200店に拡大する予定とのこと。

【VRIGHTの概要】
オープン日:2018年3月1日
住所:Myoungmul-gil 62 Osiris Tower 2~3F, Seodaemun-ku, Seoul, Korea
料金:- 最大3つのゲームを利用できるビッグ3:1万5000ウォン
- 最大5つのゲームを利用できるビック5:1万7000ウォン
- フリーパス:2万2000ウォン
運営会社名:GSリテール
遊べるコンテンツ:
・HADO
・国内ゲームメーカーの有名IPを活用し、共同開発した5GベースのFPSゲーム
WEBサイト:http://www.vright.com/main.asp

-AR, VR, ニュース
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.