VR ニュース

電通、VRを用いた発想支援ツール「COMOLU」を開発

投稿日:

電通、VRを用いた発想支援ツール「COMOLU」を開発

株式会社電通のVR領域のビジネス化を推進するグループ横断組織「Dentsu VR Plus」と、先端領域のプロトタイピングと実装を行う「Future Tech Business Team」の2つの専門チームが、株式会社アタリと共同で、VRを用いた発想支援ツール「COMOLU(コモル)」を開発した。

「COMOLU」は、VRヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)とコントローラーを使用し、集めた画像・動画を3D空間に自由に配置し、閲覧・整理することができる発想支援・共有ツール。配置した画像や動画を眺めているうちに何か思いついたら、付箋にメモして追加する機能もあるほか、音声認識およびバーチャルキーボードで画像を検索したり、VR空間内で最新ニュースを閲覧したり、気になる画像や付箋を1枚のPDFにまとめて保存することもできる。
同ツールは、MicrosoftのWindows Mixed Realityプラットフォーム向けに制作されており、今後電通ではMicrosoft Storeを通じてコンシューマー版の提供を行う予定。ベーシック機能の価格は無料で、一部機能の利用は月額360円となる。また法人顧客向けにはビジネス版の提供も行う。

電通、VRを用いた発想支援ツール「COMOLU」を開発

なお、同社ではより深くCOMOLU空間に没入できるようにするため、「COMOLU WEAR(コモルウェア)」も開発中とのこと。COMOLU WEARは、居心地の良い服を作るユニセックスウェア・レーベル「HATRA」のデザイナーである長見佳祐氏とCOMOLUチームが共同開発したオリジナルウェアで、軽く通気性の良い素材でできたフードをかぶり、HMDを装着した際に気になる口元まで覆うことで、情報空間での"コモる体験"を拡張する。全体はケープ型で、着用者の体型を広くカバー。アームホールが大きいため、コントローラーを動かしやすいデザインになっている。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.