やってみた コラム

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」

投稿日:

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」

「Iron Quest」はファミコン全盛期の80年代レトロテイストのグラフィックとサウンドが特徴のスマートフォン向けRPGです。開発したのはインドネシア・ジャカルタに拠点を置くインディーゲームディベロッパーのZealtopia Interactiveですが、グラフィックとサウンドを担当したのはセルビア人アーティストというグローバルな開発体制で、もちろん全員ファミコン世代ど真ん中。ちなみにこのセルビア人アーティストは私のFacebook友達で、彼にこのタイトルを教えてもらいました。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
ゲームの前にまずプロローグのアニメーションが始まります。昔々、あるところにThalia王国という平和な国がありました。しかし…

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
ある日突然悪の軍団が押し寄せ全てが変わってしまいました。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
幸いなことに、伝説の鍛冶屋Leoが助けに来てくれました。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
彼が作る武器を使って、王国のヒーローたちは平和な時代を取り戻すため悪の軍団との戦いに赴くのでした…

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
ということでこちらがホーム画面。見ての通り鍛冶場ですが、このことから本作の主人公が敵と戦うヒーロー達ではなく鍛冶屋のLeoで、「武器作り」がメインのRPGであることが分かります。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
先の画面の右下にある「Hall of Heroes」をタップするとヒーローの選択画面に移動しますが、最初のうちは一人しかいません。しかも…

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
装備が0!一切何もなし!普通RPGだったら初期状態でも”布の服”とか”皮の盾”とか何かしらありそうなものですが、本当に何も持っていません。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
そこでLeoに武器を作ってもらうのですが、その前に「銅のかけら」などの武器の素材を集めなければならず、それを一旦インゴットに加工しなければなりません。何気に細かいゲームですね…。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
そこでまず最初に付与される銅のかけらをインゴッドに加工して…

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
さらにそれを材料に一番最初の武器「銅の剣」を作ります。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
ヒーローにはそれぞれ異なる武器が割り当てられており、それを装備させないと出撃できないようになっています。一番最初は銅製の武器からスタートしますが、冒険と素材集めを進めてよりレベルの高い素材の武器にアップグレードしていくことでヒーローの能力もアップしていきます。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
武器を持ったらいざモンスター狩り!バトルはターン制で、画面下に表示されるバーをよく見て、それぞれ動くバー内の「円」と「棒」が一番接触するタイミングを狙って画面をタップするというシステム。円と縦棒が近いところでタップすればするほど攻撃ゲージが貯まってモンスターに大ダメージを与えられ、ピッタリ重なったところでタップするとクリティカルヒットも狙えます。なんだか音ゲーみたいなプレイスタイルですね。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
見事モンスターを倒してステージをクリアすると、報酬として武器の素材とゲーム内通貨「コイン」を入手できます。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
一定のステージを進むごとに新しいヒーローが追加されるので、彼らを十分に活用するために何度も出撃して素材とコインを入手し、Leoに武器製作を発注していきます。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
なお、素材&コイン集めの方法として、地下坑道に配置されたブロックをつるはしで割って素材やコインを採掘するというミニゲームもあります。ブロックの中には爆弾も隠されているので注意が必要ですが、上手くやるとモンスター狩りよりも効率的に武器の素材を集められます。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
こうして集めた素材で次は銅の弓を作って…

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
アーチャーに装備させます。

このように素材&コイン集め→加工→武器製作→ヒーローに装備→モンスター狩り→素材&コイン集め…を繰り返しながらヒーローと上位の武器を集めつつ悪の組織のボスを目指してステージを攻略していくのが本作の流れです。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
一度に冒険に出かけられるヒーローは4人までですが、やはりこれくらい増えないとパーティ編成の楽しみがありません。それぞれのヒーローごとに一度に攻撃できる敵の数や攻撃できる距離などスキルや特徴が異なっているので、いろんな組み合わせを試してベストなパターンを編み出しましょう。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
バトルでは最初に先頭にいるヒーローが攻撃を受けてしまうので、前の方にはHPゲージの多いキャラを、最後尾にHPの回復スキルを持つキャラを配置するのが勝利のコツです。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
グレードの高い武器を装備すれば攻撃力もHPも増しますが、ステージを進めば進むほど敵もより強く、かつ多くなり、なかなか勝ち進むことができなくなります。クリアできないステージが出てきたらパーティ編成を変えたり、根気よく素材集め&武器製作を進めてみて下さい。

それにしてもこのゲーム、ただタイミングを合わせて画面をタップするだけというシンプルなバトルシステムなのに、そのタイミング合わせがやたらと難しく、気を抜いているとすぐに全員死亡でゲームオーバーになってしまいます。ちなみに現在私は14ステージでどん詰まり中。RPGが得意な人よりも音ゲーが得意な人の方がサクサク進められるかもしれません。有料アプリですがその分クオリティは高いので、この作風が好きな人は是非プレイしてみて下さい。

Iron Quest

120円
(2018.03.06時点)
posted with ポチレバ

 

~おまけの告知~
ところで、本作のグラフィックとサウンドを担当したセルビア人アーティストのFacebook友達ですが、彼はフリーランスでゲームクリエイター、イラストレーター、アニメーターとして活動する傍ら、レゲエ(ラガ)と日本文化(和楽器)を取り入れたヘヴィメタルバンド「Senshi(戦士)」を主宰しており、現在クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて日本ツアー実現のための資金調達プロジェクトを行っています。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
写真はCAMPFIREより拝借。右から2番目の日の丸鉢巻きの人がバンド主宰&ヴォーカルのマルチクリエイター・Adam。

セルビアで日本文化とレゲエを取り入れたヘヴィメタルバンドを結成って属性てんこ盛りですが、不思議なことに全てがバランス良く調和しているのです。とりあえず彼らが公開しているMV動画をご覧下さい↓

凄くないですか?和楽器サンプリングとメタルコアなサウンド、レゲエ風ヴォーカルの全てが消化不良を起こさずに見事に融合しています。ということで、このサウンドにピン!と来た方、実際に彼らのライブを見てみたいと思った方は是非クラウドファンディングの方も宜しくお願いします。

プロジェクトページはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/58195

ところで、前述のようにバンド主宰のAdamはゲームクリエイターなのでこんなリターン(おかえし)のプランも用意されています。金額は1万5000円。

【やってみた】懐かしいドット絵と8bitサウンドが印象的な80年代風もの作りRPG「Iron Quest」
「Senshi Vo. Adamがあなたの為にゲームキャラクターを描きます!」

ゲーム開発クラスタのメタラーさんは如何ですか?1万5000円のギャラでセルビアのアーティストにキャラクターを描いてもらえると考えたら安いもんです。

-やってみた, コラム
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.