VR ニュース

触覚デバイス開発のイクシー、「CADデータに触れる」3Dデザインレビューシステムを開発

投稿日:

触覚デバイス開発のイクシー、「CADデータに触れる」3Dデザインレビューシステムを開発

​イクシー株式会社が、触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」を活用した「CADデータに触れる」3Dデザインレビューシステムを開発した。2017年より新車開発にVRを本格導入している日産自動車のグローバルデザイン本部は、カーデザインプロセスの早い段階での、よりリアルなデザイン検証について同システムの活用を検討しているという。

触覚デバイス開発のイクシー、「CADデータに触れる」3Dデザインレビューシステムを開発

「EXOS」は「EXOS Wrist DK1」と「EXOS Gripper DK1」からなり、「EXOS Wrist DK1」は掌背屈(前後方向)と橈尺屈(左右方向)の二方向へ力の提示をすることでVR内のオブジェクトに「触れる」感覚をリアルに再現するデバイスとなっている。アタッチメントの交換によりVive ControllerやOculus Touchとの同時使用も可能で、既に制作済みのコンテンツの拡張にも対応できるほか、オブジェクトに追加する触覚と別に、イベントをトリガーとした触覚の追加も可能なため「銃を撃つ」「ボタンを押す」といったゲームコンテンツとの相性の良いフィードバックも提示できる。一方「EXOS Gripper DK1」は、指の開閉方向への力の提示をすることでVR内のオブジェクトに「掴む」感覚をリアルに再現するデバイス。軽量且つシンプルなデザインで装着を簡略化しているためカジュアルな用途に向いている。いずれもUnity用SDKが同梱されている。
既存のVRにこれらEXOSを組み合わせることにより、視覚と触覚を組み合わせた直感的なレビューが可能となり、「ハンドルやバックミラーの位置はどのくらいにあるのだろうか」「運転席からボタンは押しやすいのだろうか」といったインテリアデザインのVR確認において、モックアップに匹敵するレベルの検証ができるようになる。
イクシーは同技術により、3Dシミュレーションによる早期の課題発見や、完成イメージとのギャップの最小化、デザインプロセスの短縮などのメリットの提供を目指すとしている。

触覚デバイス開発のイクシー、「CADデータに触れる」3Dデザインレビューシステムを開発

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.