AR アプリ ニュース

アイデアクラウド、AppleのARKitを利用し住宅やビルなどの3Dモデルを現実空間に配置できるARアプリ「BUILDAR」を提供開始

投稿日:

アイデアクラウド、AppleのARKitを利用し住宅やビルなどの3Dモデルを現実空間に配置できるARアプリ「BUILDAR」を提供開始

株式会社アイデアクラウドが、AppleのARフレームワーク「ARKit」を利用した、住宅やビルなどの3Dモデルを現実空間に配置できるエンタープライズARアプリ「BUILDAR」の提供を開始した。

アイデアクラウド、AppleのARKitを利用し住宅やビルなどの3Dモデルを現実空間に配置できるARアプリ「BUILDAR」を提供開始

「BUILDAR」は、スマートフォンのカメラから取得した空間情報を元に、現実空間に家やビルなど予め登録された3Dモデルを配置できるARアプリ。ARKitにより空間把握を行い、現実空間に配置した3Dオブジェクトに実際に近づくことも可能で、配置した3Dモデルから建築前の完成予想イメージの確認や、建築の様々な意思決定の補助を目的としている。また実際の大きさで配置する機能だけでなく、3Dモデルを縮小して、どんな大きさでも表示可能なため、今までの模型の代わりとしても利用可能。原寸で設置した際、フロアが多階層となっている場合はフロア間を簡単に移動ができる機能があり、地上階だけでなく全ての階のイメージや構造を把握することができる。また、ミニマップ機能により現在地が表示されるので、ARで設置された建物の中で今自分がどこにいるかも一目で分かるようになっている。
今後同社では建物をクラウド上で管理し自由に建物モデルを変えられる仕組みや、複数の端末間で同一の建物モデルを認識して共有できる機能を実装する予定。なお、「BUILDAR」は一般配布などは行わず、ハウスメーカーやデベロッパーその他業種の法人と契約し提供する形を想定しているとのこと。

-AR, アプリ, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.