VR イベント ニュース

クリーク・アンド・リバー社、「2.5次元舞台展」VRシアターにスタンドアロン型VR HMD「IDEALENS K2+」を提供

投稿日:

クリーク・アンド・リバー社、「2.5次元舞台展」VRシアターにスタンドアロン型VR HMD「IDEALENS K2+」を提供

株式会社クリーク・アンド・リバー社が、11月2日(木)~12日(日)まで東京・原宿にて開催される、「2.5次元舞台展」のVRシアターに、スタンドアロン(一体)型のVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「IDEALENS K2+」を提供する。

「IDEALENS K2+」は、スタンドアロン型VR HMD「IDEALENS K2」の後継機で、前機種より解像度が2.5Kレベルに向上し、よりリアルな360°映像を楽しむことができるようになったモデル。スマートフォンやPCとの接続が不要のケーブルレスで、頭部を前後から緩やかに挟み込む装着方式や、眼鏡をかけたままでもピント調整がすぐにできる手軽さが大きな特徴となっている。
「2.5次元舞台」とは、漫画やアニメ、ゲームなど2次元の名作を、3次元の舞台で俳優が演じるエンターテインメント。今回、舞台衣裳や小道具、舞台セット等を展示するスペシャルイベント「2.5次元舞台展」内のVRシアターで「IDEALENS K2+」が起用されており、来場者は「あんさんぶるスターズ!オンステージ」/超歌劇 「幕末Rock」/舞台 「K」/舞台 「東京喰種」/舞台 「刀剣乱舞」/舞台 「弱虫ペダル」/ミュージカル 「薄桜鬼」の未公開映像を視聴できる。

クリーク・アンド・リバー社、「2.5次元舞台展」VRシアターにスタンドアロン型VR HMD「IDEALENS K2+」を提供

-VR, イベント, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.