VR ニュース

ハコヤ、図書館のサイン計画をVRでシミュレーションできるシステムを開発 「図書館総合展2017」に出展

投稿日:

ハコヤ、図書館のサイン計画をVRでシミュレーションできるシステムを開発 「図書館総合展2017」に出展

株式会社ハコヤが、図書館サービス研究所の監修のもと数多くの図書館のサイン(館内の案内表示)計画の研究事例をベースにVRで仮想図書館を再現し、サイン計画の成功例・失敗例を比較できるシステムを開発した。11月7日~9日にパシフィコ横浜にて開催される「図書館総合展2017」に同システムを出展する。

このシステムは、VR空間の仮想図書館の中に、良い例・悪い例のサインを配置することで、体験者は歩行者の視線から実際にどう見えるか、色や大きさを変えると見え方がどう異なるかを仮想体験することができる仮想図書館のVRシミュレーター。「図書館総合展2017」のハコヤのブースでは、自分でVRヘッドマウントディスプレイを装着して、サイン形状や位置、視点の高さなどを切り替えながら実際にシミュレーションできる図書館VRコンテンツを展示する。また今後、図書館業界のサイン計画の改善を目指して、両社のそれぞれの強みを生かしたVRコンサルティングサービスを提供していくという。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.