VR ニュース

ポリゴンマジック、”視覚だけで音を感じるVR”コンテンツを製作

投稿日:

ポリゴンマジック、”視覚だけで音を感じるVR”コンテンツを製作

ポリゴンマジック株式会社が、早稲田大学理工学術院 河合隆史教授と連携し、「視覚によって刺激される聴覚体験」をコンセプトにVRコンテンツ「擬音VR - Seeing is Hearing -」を製作した。

ポリゴンマジック、”視覚だけで音を感じるVR”コンテンツを製作

このコンテンツは、「見るだけで触感が伝わるシステム」といったクロスモダリティ(感覚間の相互作用)を応用したVRやMRの研究で知られる河合教授の着想に基づいて製作された作品で、無音のVR空間の中で、「ヒュ」「ザー」といった擬音が、風や雨などの天候を模したアクションで表現される様子を、VRヘッドマウントディスプレイとノイズキャンセリングヘッドホンを装着して見渡すうちに、聞こえないはずの「音」を感じるという、一種の錯覚現象の生起を意図している。
同コンテンツは、10月30日にUPLINK渋谷にて開催される「闇の中の眠り姫」サラウンド上映後のトーク「闇と視覚とVR(河合教授×七里圭監督)」にて発表される。

■『闇の中の眠り姫』 サラウンド (2016年,80分)
声  :つぐみ、西島秀俊、山本浩司 他
原作 :山本直樹(原典:内田百閒「山高帽子」)
音楽 :侘美秀俊
監督 :七里圭
© charm point

■上演後のアフター・トーク
映画以内、映画以後、映画辺境
「闇と視覚とVR」
河合隆史×七里圭
http://www.uplink.co.jp/event/2017/48977

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.