VR ニュース

JTB情報システム、美術館向けのVR導入サービスを開始 第一弾はモネの「睡蓮の池」

投稿日:

JTB情報システム、美術館向けのVR導入サービスを開始 第一弾はモネの「睡蓮の池」

株式会社JTB情報システムが、ICTを活用した新規事業として美術館向けのVR導入サービスを開始する。このサービスにおけるコンテンツ開発は株式会社キャドセンターが、VR体験チケットの販売は株式会社JTB国内旅行企画が担当する。

JTB情報システムでは昨年度よりICT事業部を設置し、その一環で、今年の夏休みに東京・両国のすみだ北斎美術館で開催されたイベント「夜のすみだ北斎美術館「百物語」」(2017年8月24日から26日までの3日間開催)の参加者を対象に実証実験を行い、VR体験を体験した人から高い評価を得たことで、今回本格的にVR導入サービスを開始することになったとのこと。
サービス第一弾は、開館15周年を迎える箱根町・仙石原の公益財団法人ポーラ美術振興財団ポーラ美術館にて、クロード・モネ誕生月の特別企画イベントとして実施する。ポーラ美術館所蔵のクロード・モネ「睡蓮の池」の絵画をVRで見ることで、自身が「睡蓮の池」に浮かんでいるかのような錯覚に浸ることができ、画家クロード・モネの世界観と「睡蓮の池」の絵画への没入感を体験できるという。ポーラ美術館特別入場券(VR体験付)は本日10月24日(火)よりJTBホームページおよびJTB各店舗にて販売する。開催概要は以下のとおり。

■開催概要
クロード・モネ 誕生月特別企画イベント
期間:2017年11月10日(金)から12月10日(日)の1ヶ月間
時間:9時00分から16時30分まで(最終受付は16時00分)

【特別セット入場券】ポーラ美術館 睡蓮デザート付VR体験プラン
・期間:11月10日(金)、11日(土)の2日間
・チケット代金
おとな:2,520円、
大学・高校生:2,020円、
小・中学生:11/10(金)1,520円 11/11(土)920円
・定員:1日30名限定
・チケットに含まれるもの
入館料、VR体験チケット、睡蓮デザート利用券、オリジナル睡蓮グッズ、ギャラリートークチケット
※ギャラリートーク:展示室内で学芸員が絵画の見所を解説。16:00~16:30の時間指定となります。
※VR体験、睡蓮デザートは参加者が各自でお好きな時間を選んで体験できます。
上記チケットのお申し込み先:https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1052439/

【VR体験付入場券】ポーラ美術館 オリジナル睡蓮グッズ付VR体験プラン
・期間:11/18(土)~12/10(日)の毎週土曜日および日曜日
(11/18、11/19、11/25、11/26、12/2、12/3、12/9、12/10)の合計8日間
・チケット代金
おとな:1,600円、
大学・高校生:1,100円、
小・中学生:土曜日 無料/日曜日600円
・チケット代金に含まれるもの
入館料・VR体験チケット・オリジナル睡蓮グッズ
※VR体験は参加者が各自でお好きな時間を選んで体験いただけます。
※11/18、12/9の14時00分~15時00分の間、別イベント開催のためVR体験はご利用できません。
上記チケットのお申し込み先:https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1052455/

<一般のお客様からのお申込み>
・JTBホームページ https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1052439/ 【特別セット入場券】
https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1052455/ 【VR体験付入場券】
・その他、お近くのJTB各店舗にて販売いたします。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.