VR ニュース

エドガ、MRを体験・学習する教育研修プログラム「HoloLens研修」を提供開始

投稿日:

エドガ、MRを体験・学習する教育研修プログラム「HoloLens研修」を提供開始

株式会社エドガが、Microsoftの複合現実(MR)対応型ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の体験や学習機会を創出する企業向け教育研修プログラム「HoloLens研修」の提供を開始した。

このプログラムは、次世代のコンピューティングになると予測される「複合現実(MR, Mixed Reailty)」技術をビジネス現場においてどのように取り入れていくべきか、HoloLensの機能や特性、国内外の事例を学習し、最後にワークショップ形式で議論するパッケージとなっている。研修時間は内容によって1時間〜複数日で、価格は20万円から。内容・金額等の詳細はこちら

■ 『HoloLens研修』に関するサービス概要

研修内容 HoloLensの体験、学習、ワークショップを行う企業向け教育研修プログラム
研修時間 1時間〜複数日 ※内容に応じて決定
研修会場 オフィスやレンタル会場 等
研修スタイル 体験・講義形式、ワークショップ形式など
講師 弊社でHoloLensのリサーチ、制作を担当するエキスパート
料金 200,000円〜 ※内容に応じて決定
ご予約窓口 弊社HP(http://www.edoga.jp/hololens-lecture)よりお問い合わせ下さい

■『HoloLens研修』で掲げる課題と3つの研修ステップ
HoloLensはスマートフォンやタブレットに次ぐ次世代のデバイスとして、世界的な普及が期待されているものの日本国内で体験できる場所や施設はほとんど存在していません。

また、海外ではビジネス現場におけるHoloLens活用事例が増えつつありますが、日本語の情報が乏しくその可能性や将来像が十分に議論されていない状態にあります。

そこで本プログラムはHoloLensの可能性を感じることができるように体験→学習→議論の3ステップで進行していきます。

ステップ1:「HoloLensを体験する」

HoloLensを付けて体感しなければ複合現実(MR)技術の可能性や制約を知ることはできません。『HoloLens研修』では初めに機材に触れてみることから経験値を高めていきます。

ステップ 2:「HoloLensの事例を知る」

このデバイスや技術が現実社会においてどのように利用されうるのか、機能的な特徴や国内外のビジネス活用事例をもとに解説をしていきます。

ステップ 3:「HoloLensを使った未来を考える」

HoloLensが自社に関わるフィールドでどのように利用できるかを質疑応答やワークショップを通じて考えていきます。

■本研修を始める背景
誰もが夢見たメガネ型コンピュータの普及はもう目の前にまで来ています。その中でもHoloLensはすでに高い処理能力を備え、医療や建設、製造現場等、業務オペレーションの改善で実用化が始まっていますが、これら分野は日本企業こそがイノベーションを生み出す先駆者になれると信じており、その可能性をいち早く日本のビジネスパーソンにお伝えしたいと考えています。

■『HoloLens研修』の講師
弊社はHoloLens発売開始から概念や実例をまとめたリサーチ資料をウェブで公開し、今まで4000人以上の方に読まれた実績があります。そういった日々HoloLensを研究しているメンバーが講師を担い、知識から開発に至るまで包括的な解説が可能です。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.