イベントレポート レポート

【TGS2017】「松戸をコンテンツ産業の街に」---松戸コンテンツ事業者連絡協議会が東京ゲームショウ2017に出展中 仮面女子・月野もあさんも登場

投稿日:

【TGS2017】「松戸をコンテンツ産業の街に」---松戸コンテンツ事業者連絡協議会が東京ゲームショウ2017に出展中 仮面女子・月野もあさんも登場

千葉県松戸市の松戸コンテンツ事業者連絡協議会が東京ゲームショウ2017に出展し、9月21日(木)に【最強の地下アイドル】仮面女子のメンバーで「松戸コンテンツPR大使」を務める月野もあさんと、ゲーム業界と教育の双方の分野に明るいメディアコンテンツ研究家の黒川文雄さんとのトークイベントをブース内にて実施しました。

【TGS2017】「松戸をコンテンツ産業の街に」---松戸コンテンツ事業者連絡協議会が東京ゲームショウ2017に出展中 仮面女子・月野もあさんも登場

松戸コンテンツ事業者連絡協議会とは、同市の地方創生事業として実施されているコンテンツ産業振興事業の一環として、また同事業の中心となる団体として市内に拠点を構えるコンテンツ事業者を中心に2016年3月に設立された団体です。なぜ松戸市でコンテンツ産業?と不思議に思われる方もいるかもしれません。しかし松戸市はハイクオリティなフィギュアで知られるホビーメーカーのマックスファクトリーやグッドスマイルカンパニーがかつて拠点を構えていた地で、玄関口である松戸駅から1時間以内で幕張メッセ、東京ビッグサイト、秋葉原、池袋、新宿、渋谷に行くことができ、そのアクセスの良さから現在も多くのクリエイターが住んでいます。ついでにその絶妙な位置により、テレ東、チバテレ、テレ玉、MXと周辺のUHF局もほぼカバーできるためアニメのチェックもはかどります。そうした背景から、松戸市では官民が連携してコンテンツ産業の振興と次世代の人材育成に注力しており、特に最近では、小学生や中学生など子供を対象としたゲーム開発アプリもリリースしています。今回の月野もあさんと黒川文雄さんのトークイベントは、その中の一つ「ビットゲームメーカー」(iOS/Android)をアピールするためのものでした。

【TGS2017】「松戸をコンテンツ産業の街に」---松戸コンテンツ事業者連絡協議会が東京ゲームショウ2017に出展中 仮面女子・月野もあさんも登場

「ビットゲームメーカー」は、ゲーム開発やプログラミングについてにスキルや知識がなくても自分のゲームを作ることができるアプリ。スマホだけでゲームを作って公開することができるほか、公開されている他のユーザーの作品をもとに改造できる「アレンジ機能」も用意されています。また上級者はパラメータやイベントなどの細部を作り込むこともでき、キャラクターやアイコンなどの素材もアップデートにより随時追加されていくので、まったく絵が描けない人でも素材の組み合わせで画面を作り込むことができます。

【TGS2017】「松戸をコンテンツ産業の街に」---松戸コンテンツ事業者連絡協議会が東京ゲームショウ2017に出展中 仮面女子・月野もあさんも登場

ちなみに月野さんは大学時代にプログラミングを学び、課題でAndroidアプリを開発したことがあるそうで、さらに黒川さんはプログラミングを習得するためにわざわざ有料のセミナーに通ったとのこと。日本でも2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化されますが、どんなプログラミング言語を教えるのか?どんなツールを使いどんな手法で教えるのかなどの現場の細かい対応についてはまだまだ不透明です。そこで松戸コンテンツ事業者連絡協議会では、まずプログラミング学習を始める前に子供達にゲーム開発に親しんでもらうため、「ビットゲームメーカー」を使った小中学校生向けのゲーム開発コンテストを計画しているそうです。
東京ゲームショウの同団体のブースでは、この「ビットゲームメーカー」に新たに追加された素材を使ったゲームの試遊出展や限定ノベルティの配布も行われています。松戸市および同団体の活動はゲーム関係者だけでなく地方自治体や教育関係者にとっても興味深いのではないでしょうか。ブースNo.は「4-N12」(ビジネスソリューションコーナー隣)です。

【TGS2017】「松戸をコンテンツ産業の街に」---松戸コンテンツ事業者連絡協議会が東京ゲームショウ2017に出展中 仮面女子・月野もあさんも登場
月野もあさん起用のパンフレットも配布されています。

-イベントレポート, レポート
-, , , , , , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.