ニュース

Exysと26、スマホ向けRPG「SKYOVER」のVRアニメを東京ゲームショウ2017に出展

投稿日:

Exysと26、スマホ向けRPG「SKYOVER」のVRアニメを東京ゲームショウ2017に出展

株式会社26Exys株式会社が、東京ゲームショウ2017にてスマートフォン向けRPG「SKYOVER(スカイオーバー)」(iOS/Android)のVRアニメーションを出展する。

Exysと26、スマホ向けRPG「SKYOVER」のVRアニメを東京ゲームショウ2017に出展

「スカイオーバー」は400万人がプレイしたソーシャルゲーム「SKYLOCK(スカイロック)」の作家陣が再度集結して制作されたドラマチック時空RPG。原作/脚本に渡辺雄介氏が、キャラクターデザインには幹大樹氏が参加しており、PVの主題歌にはNOISEMAKERの新曲「Sora」が使用されている。
東京ゲームショウ2017で出展予定の「SKYOVER VRアニメーション」は、本作の主人公トットとチビナスが、魔者ケットシーやファフニールと旅をしている最中に、魔者ニーズヘッグの襲撃を受けるハプニングを描いた5分程度のショートVRアニメ。 キャラクターを選択してそのキャラクターの目線で物語を体験できる仕様が最大の特徴で、選択できるキャラクターはトット、ケットシー、ファフニール、そして主人公たちを襲うニーズヘッグの4種類。展開されるアニメーションが同一でありながら、それぞれのキャラクターによって役割が異なるため、動きの激しさや戦闘への参加など、選択したキャラクターごとに異なった体験ができる。特に魔者ニーズヘッグの視点では、自分が空を飛ぶ大きなドラゴンとなって大空を駆け、主人公たちを襲う様子を体験できる。
なお、キャラクター選択画面では、各キャラクターごとに見やすさや酔いやすさなどの指標が表示されるので、体験する際には自分の体調に合わせてキャラクターを選択できる。ニーズヘッグは特に視線が大きく動くため、3D酔いしやすい人は注意が必要とのこと。

Exysと26、スマホ向けRPG「SKYOVER」のVRアニメを東京ゲームショウ2017に出展

(C)Exys Inc. (C)two-six Inc.

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© vsmedia , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.