AR ニュース

良心石材、故人の遺骨を預かり遺族の好きな場所を慰霊場所としてGPS登録できるサービス「スマ墓」を提供開始

投稿日:

良心石材、故人の遺骨を預かり遺族の好きな場所を慰霊場所としてGPS登録できるサービス「スマ墓」を提供開始

株式会社良心石材が、月額500円で故人の遺骨を預かり、遺族の好きな場所を慰霊場所(お墓)にできるサービス「スマ墓」(スマボ)の提供を開始した。

「スマ墓」が、故人との所縁の場所を慰霊場所としてGPS情報を登録し、その場所に遺族や関係者が訪れると同社が既に提供している「Spot message(スポットメッセージ)」(過去記事はこちら)が現れるサービス。スポットメッセージとは、設定された場所に訪れた人に対してあらかじめ設定した写真や動画、AR(拡張現実)を来訪者のスマートフォンを通してメッセージを告げるサービスで、遺族や関係者はスマートフォンで故人からの写真や動画メッセージをARを見て慰霊を行える。申込者が存命の場合は将来にわたって様々なメッセージを登録地に残すことが可能。「スマ墓」ではお骨は預かり、預かったお骨は最大15年間保管し、15年以降は合葬する。15年間はいつでも返却可能で、お墓を建てる資金が貯まるまでや、居住地に合わせたお墓の場所が決まるまでなど遺族の好きなタイミングでお骨を返却する。なお、生前に申し込むと死後1年目は無料となる。

-AR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.