VR ニュース

Psychic VR Lab、誰でもVR空間を作れるVR制作・配信プラットフォーム「STYLY」のパブリックβ版をリリース

投稿日:

Psychic VR Lab、誰でもVR空間を作れるVR制作・配信プラットフォーム「STYLY」のパブリックβ版をリリース

VRを用いたファッションVRサービスを手がける株式会社Psychic VR Labが、すべてのクリエイターがクラウド上でVR空間を制作、配信をすることを可能にするプラットフォーム「STYLY」のパブリックβ版をリリースした。 すべての機能は無料で利用できる。

Psychic VR Lab、誰でもVR空間を作れるVR制作・配信プラットフォーム「STYLY」のパブリックβ版をリリース

「STYLY」はWebブラウザのみで稼働するVR制作、配信クラウドサービス。アプリケーションや拡張機能のダウンロードの必要がなく、Mac/Windows双方に対応し、VR対応ではない普及型パソコンでも稼働する。またMAYA、Blenderなどの定番3DソフトやYouTube、Instagramといったサービスをプログラミングの必要なく取り込むことが可能となっており、多くのクリエイターがすぐにVR空間を構築して活用することができる。制作したVR空間には閲覧用VRアプリを使ってほぼリアルタイムにアクセス可能。この閲覧用VRアプリは現時点ではHTC Vive版が提供されているが、今後はOculus Rift版やDaydream版、Gear VR版など様々なデバイスに対応していく。さらに同社では対応ソフトやサービス、および取り込み可能なアプリケーション、対応端末の拡充を順次行っていくとしている。

「STYLY」は2017年3月に米オースティンで開催された「SXSW2017」にてプライベートβ版を公開し、500人の先行ユーザーからのフィードバックをもとに機能改善を行ってきた。加えてVRを使った店舗施策として、伊勢丹やPARCO等とコラボレーションを実施した。現在はマイクロソフトのスタートアップ支援プログラム「Microsoft BizSpark Plus」に採択され、Azureクラウドを用いたサービスを提供している。

Psychic VR Lab、誰でもVR空間を作れるVR制作・配信プラットフォーム「STYLY」のパブリックβ版をリリース

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.