VR ニュース

アートイベント「SHIBUYA PIXEL ART」に積み木感覚で3DモデリングできるVRアプリ「Makebox」が出展

投稿日:

アートイベント「SHIBUYA PIXEL ART」に積み木感覚で3DモデリングできるVRアプリ「Makebox」が出展

株式会社ViRDが提供する、VR空間でブロックを積み上げて書き出すことができる3Dモデリンググアプリ「Makebox」が東京・渋谷にて開催中のアートイベント「SHIBUYA PIXEL ART」に出展する。

「SHIBUYA PIXEL ART」は、「シブヤクを、マシカ区に」を合言葉に、渋谷区の基本構想にある「あらたな文化を生みつづける街/エンターテイメント・シティ構想」の実現を目指したアートイベント。
「Makebox」は、VR空間で積み木のようにブロックを積み上げてモデリングし、その3Dデータを書き出し、UnityやUE4といったゲームエンジンに取り込んだり他の3Dモデリングツールで編集したり、3Dプリンタで出力することができるアプリ。3DデータはWebにアップロードすることも可能で、アップロードしたモデルは簡単に共有でき、モバイルVRでも見ることができる。なお、自由に3Dモデルを楽しめるが、毎日日替わりで出題される”お題”に挑戦することもできる。
ViRDは「SHIBUYA PIXEL ART」に協力参加しており、イベントでは「Makebox」の特別バージョンである「Makebox(SHIBUYA PIXEL ARTバージョン)」が展示されている。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.