ニュース

触覚デバイス開発のイクシー、大成建設とロボット遠隔操作システム開発に着手

投稿日:

触覚デバイス開発のイクシー、大成建設とロボット遠隔操作システム開発に着手

​イクシー株式会社が、⼤成建設株式会社と共同で⼒触覚伝達技術を利⽤したロボット遠隔操作システムの開発に着⼿した。作業者がインターネットを介して遠隔地でも対象物の硬さ、軟らかさを感じながらロボットを操作出来るようにすることと、ロボットが⼈間の操作を学習し、⾃ら作業出来るようにすることを⽬指すという。

触覚デバイス開発のイクシー、大成建設とロボット遠隔操作システム開発に着手

イクシーは外⾻格型の⼒触覚提⽰デバイス「EXOS Glove」と5指ハンド「EXOS Hand Unit」、ロボットアーム「EXOS Arm Unit」などを開発してきた企業。今回のプロジェクトではこれらを組み合わせたシステム構築を行う。既にプロトタイプは動作しており、今後システムのブラッシュアップを進めていく。
なお、同システムに使⽤する五指ハンド「EXOS Hand Unit」は7月20日9:00より同社サイト内にて⼀般販売を開始している。さらに同社では引き続き、EXOSを活⽤したい企業からの連絡を受け付けると共に、EXOSの開発を加速するため⼈材の採⽤を進めている。採⽤に関する情報はこちら

触覚デバイス開発のイクシー、大成建設とロボット遠隔操作システム開発に着手

-ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.