AR ニュース

実写映画「東京喰種 トーキョーグール」のスマホ向けARシューティングゲームが配信決定

投稿日:

実写映画「東京喰種 トーキョーグール」のスマホ向けARシューティングゲームがリリース

人気コミック「東京喰種 トーキョーグール」の実写映画「東京喰種 トーキョーグール」と同作のムビチケカード(映画前売券)、原作コミックスの連動企画として、ARアプリ「Blippar」(iOS/Android)にて7月1日から9月30日まで映画に登場するキャラクターになりきって迫りくる障害物を撃墜するARシューティングゲームが配信されることが決定した。

「東京喰種トーキョーグール」は2011年より週刊ヤングジャンプにて連載されている石田スイ氏のダークファンタジー作品で、2014年よりアニメ化も行われている。
今回、展開が決定したARゲームは、7月1日(土)より全国上映劇場(一部劇場を除く)、前売券通販サイト・メイジャーにて発売となる映画「東京喰種 トーキョーグール」のムビチケカード、および原作「東京喰種」コミック1巻と連動しており、さらにムビチケカード限定で、カネキに加え、トーカ・亜門・真戸もプレイ可能となる。それぞれの画像を端末のカメラで認識することで、キャラクターを選択して迫りくる障害物を撃墜するARシューティングゲームをプレイできるようになる。

実写映画「東京喰種 トーキョーグール」のスマホ向けARシューティングゲームがリリース

実写映画「東京喰種 トーキョーグール」のスマホ向けARシューティングゲームがリリース

【映画「東京喰種 トーキョーグール」概要】
■ストーリー:人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。

自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。

トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する。そんな中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。

■タイトル:『東京喰種 トーキョーグール』
■原作:石田スイ「東京喰種 トーキョーグール」集英社「週刊ヤングジャンプ」連載
■出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより蒼井優 大泉洋
■監督:萩原健太郎
■脚本:楠野一郎
■音楽:Don Davis
■主題歌:illion「BANKA」(WARNER MUSIC JAPAN)
■配給:松竹
■公式サイト:tokyoghoul.jp 公式twitter:https://twitter.com/tkg_movie
■公開:2017年7月29日全国公開

(C)2017「東京喰種」製作委員会 (C)石田スイ/集英社

東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)
東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種-トーキョーグール-[movie]
東京喰種-トーキョーグール-[movie]

-AR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.