AR ニュース

アイデアクラウド、誰でも手軽に「測れる」ARアプリ「HakaruAR β版」を「第28回 設計・製造ソリューション展」に出展

投稿日:

アイデアクラウド、誰でも手軽に「測れる」ARアプリ「HakaruAR β版」を「第28回 設計・製造ソリューション展」に出展

株式会社アイデアクラウドが、距離測定や空間の3Dスキャン、図面の生成など誰でも手軽に「測れる」Android向けアプリ「HakaruAR β版」をレノボ・ジャパン株式会社と共同で、6月21日~23日に東京ビックサイトにて開催される「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展する。

アイデアクラウド、誰でも手軽に「測れる」ARアプリ「HakaruAR β版」を「第28回 設計・製造ソリューション展」に出展

「HakaruAR」は、スマートフォンのカメラを通して様々なものを計測したり、空間をスキャンして3Dメッシュデータを作成できるアプリ。「計測モード」では測りたい場所の端と端をタップするだけで簡単に距離を測定でき、複数距離や測定位置の微調整の機能も搭載しており、多角形の距離計測も可能となっている。またスキャンデータはは3DCGデータ(.obj)や点群データ(.ply)としてエクスポートすることも可能。さらに部屋の角を順番にタップしていくだけで簡単に平面図を生成でき、手間のかかる図面生成の補助として簡易的な図面をその場で作成し、確認することができる。
今後同社では「HakaruAR」正式版に円の直径・面積・体積など様々な計測モードも実装予定で、図面生成ではJPG形式だけでなく、SVG形式でも保存ができるようにするとのこと。リリースは6月末の予定で、制限付きの機能評価版を無料で提供し、さらに全ての制限を解除した月々3,800円のサブスクリプションサービス版の提供も予定しているという。

アイデアクラウド、誰でも手軽に「測れる」ARアプリ「HakaruAR β版」を「第28回 設計・製造ソリューション展」に出展

-AR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.