VR ニュース

三菱地所グループ、VRで物件情報を提供する「VR内見」を導入

投稿日:

三菱地所グループ、VRで物件情報を提供する「VR内見」を導入

三菱地所グループ4社(三菱地所株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、三菱地所ホーム株式会社、三菱地所ハウスネット株式会社)が、てナーブ株式会社が提供するVRで不動産内見・接客ができるシステム「VR内見」を導入する。

三菱地所グループ、VRで物件情報を提供する「VR内見」を導入

「VR内見」は、VR接客端末「CREWL(クルール)」を利用し来店者に物件をVRで内見してもらうシステム。室内を移動しながら周囲全方向の空間をリアルに閲覧でき、現地にいるような感覚で物件の様子を見ることができる。店舗に居ながら複数物件を内見できるため、賃貸物件を探している借主と、不動産仲介代理店の双方にとって効率的な部屋探しが行える。
三菱地所グループ各社では、新築マンション・注文住宅・売買仲介の営業現場でVRを活用し、営業担当者などのグループ社員が自ら撮影したVR映像をその場で「VR内見」アプリを通じてアップロードし、営業に活用していく。

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.