VR ニュース

ナーブといい生活、VRサービスの共同開発のため業務提携

投稿日:

ナーブといい生活、VRサービスの共同開発のため業務提携

株式会社いい生活ナーブ株式会社が、VR技術を活用した不動産会社向けサービスの共同開発を目的とした業務提携契約を締結した。

いい生活は、全国1,266社3,330店舗の不動産会社が利用する不動産会社向け業務クラウドサービス「ESいい物件One」等を展開している企業。また、国土交通省により2017年10月を目処に開始が計画されている「IT重説」の解禁に向け、ウェブ会議クラウドサービス「MeetingPlaza」を販売している。
ナーブは、VRに特化した企業として2015年に設立されたスタートアップで、不動産業界向けに「VR内見」を2016年より展開している。
両社は今回の提携を通じてVRサービスを共同開発し、内見や店頭での接客をはじめとする不動産取引のIT化を推進していくという。提携の具体的な内容は以下のとおり。

(1) 販売提携
いい生活の不動産会社向けの営業力、マーケティングノウハウを活用し、VRソリューションを不動産会社向けに販売する取組みです。
(2) 新サービス開発
新サービス開発は、いい生活が得意とする「不動産情報総合データベース」と、ナーブが得意とする「VRによる新しい体験の提供」を組み合わせ、連携・新サービス開発を検討することによりシナジー効果を創出する取組みです。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.