VR ニュース

VRコンテンツ開発の最先端ノウハウを網羅した「VRコンテンツ開発ガイド 2017」を発売

投稿日:

VRコンテンツ開発の最先端ノウハウを網羅した「VRコンテンツ開発ガイド 2017」を発売

インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がける株式会社エムディエヌコーポレーションが「VRコンテンツ開発ガイド 2017」を発売した。

「VRコンテンツ開発ガイド 2017」は、VRコンテンツ開発の最先端ノウハウを網羅した技術書で、各チャプターをハシラスCTOの古林克臣さん、ガンナーオブドラグーンで受賞多数の「野生の男」さん、パノラマ動画案件を多く手掛ける「izm」さん、WebVRの先駆者である比留間和也さん、VR周辺に詳しい西川善司さんのそれぞれが執筆している。目次および商品概要は以下のとおり。

〈本書の内容〉
Chapter 1 近代VRの基礎知識――西川善司
Chapter 2 VRソフト開発環境の概況とヘッドセット別開発手法――古林克臣
Chapter 3 実例にもとづく最新ハードウェア向けソフトウエア開発――野生の男
Chapter 4 VR用パノラマ動画のUnity実装――izm
Chapter 5 WebVRコンテンツの開発手法――比留間和也

〈著者について〉
西川善司(トライゼット)
テクニカルジャーナリスト。高校時代からパソコン誌へのプログラムの寄稿、商業ゲームソフトの移植業務を受託。その後、日立製作所を経て記者業務に転向。ゲーム開発技術以外に、映像技術、自動車技術にもフォーカスした取材を行っている。

株式会社ハシラス 最高技術責任者/CTO
古林克臣
Unity・UE4エンジニア。CTOを務めるVRコンテンツ制作会社のハシラスでは、主にHTC Viveを使用したVRアトラクションを制作。「ソロモン・カーペット」や「Hashilus」新バージョンなどの制作に関わる。また、「フレームシンセシス」という個人活動名でも多数のVRコンテンツを制作し、VR体験会などで精力的に作品の出展を行っている。

Hydrangea
野生の男
同人ゲームサークルHydrangeaを2013年に立ち上げ、同年のコミックマーケットにて日本初のフルVRゲーム「Perilous Dimension(現BLAST BUSTER)」を展示・頒布。2014年には「BLAST BUSTER」が窓の杜ゲーム大賞を受賞。2016年にBitSummit 4th、Unity VR Expo AKIBAで第2作目「The Gunner of Dragoon」がアワードを受賞。本職は2015年までVRどころかゲームと関係のないソフトウェア開発会社に島根県で勤務していたが、2016年から上京しゲーム会社にてVRエンジニアを務める。

フォージビジョン株式会社VR事業部 リードエンジニア
izm
愛知の製造業の会社でR&Dエンジニアとして勤務しながら、趣味のVRコンテンツ開発を数年行う。2016年1月よりVRに関われる現職のフォージビジョン株式会社に転職。現在はOculus Rift、HTCVive、PlayStation VR向けVRコンテンツ開発を主業務としている。座間味ロケットジャンプを始めとして、パノラマ動画コンテンツを複数手がけている。

比留間和也
VRエンジニア/Unityエンジニア。Webエンジニア、iOSエンジニアを経験したのち、趣味のVRコンテンツ開発が高じてVR開発をメインとした活動を開始。現在はOculus Rift、HTCVive向けVRコンテンツ開発を主業務としている。VRコンテンツはゲームを主体とし、ニコニコ生放送などで利用される「複数参加型」のものを多く開発中。

【仕様】
西川善司/古林克臣/野生の男/izm/比留間和也 共著
定価(本体2,600円+税)
B5判/224ページ
ISBN978-4-8443-6666-9

VRコンテンツ開発ガイド 2017
VRコンテンツ開発ガイド 2017

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.