パックマンのスロットマシンが今夏より北南米のカジノに登場

 

パックマンのスロットマシンが今夏より北南米のカジノに登場

株式会社バンダイナムコエンターテインメントが、同社初のゲーミング機器「PAC-MAN VIDEO SLOT WILD EDITION」をオーストラリアの大手ゲーミング製品開発会社であるアインズワースゲームテクノロジーとの共同開発のもと、今夏より北米および南米地域で稼働すると発表した。両社はカジノ向けゲーミング機器の共同開発のため昨年9月に業務提携を行っていた(過去記事はこちら)。

「PAC-MAN VIDEO SLOT WILD EDITION」は、リール画面を覆い尽くす巨大パックマンがフルーツを食べたり、お馴染みのゴーストがシンボルとして多数出現するなど、パックマンの世界感を表現した多彩な演出が楽しめるスロットマシン。両社は米サンディエゴで開催中の「National Indian Gaming Show 2017」のアインズワースブースにて同機器を初お披露目した。北南米での稼働後は、2017年度中に豪州版へのローカライズも予定しているとのこと。

PAC-MAN(R) VIDEO SLOT WILD EDITION&(C)2017 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket