3Dプリンタ ニュース

DMM.make 3Dプリントが3mf形式ファイルに対応 Windows 10 Creators Updateの「ペイント3D」からの3Dプリントが可能に

投稿日:

DMM.make 3Dプリントが3mf形式ファイルに対応 Windows 10 Creators Updateの「ペイント3D」からの3Dプリントが可能に

株式会社DMM.comが、「DMM.make 3Dプリント」の出力サービスにて3mf形式ファイルに対応した。

マイクロソフトが提供を開始するWindows 10 Creators Updateには「ペイント 3D」という3Dツールが標準で搭載されており、3mf形式の3Dデータを誰でも簡単に作成できるようになっている。DMMではこのリリースに伴い、3Dプリントサービスでの取扱データ形式に3mfを追加。使い方はstlファイルの扱いと同様に、3mfファイルを直接アップロードすれば自動で見積ができる。例えば、7cm×3cm×5.5cmのフルカラーモデルであれば、石膏素材で約3,600円となる(サンプルモデルの価格となるため形状によって価格は変動する)。
同社では、3mfファイルの取扱い開始に伴いペイント 3Dの活用法についての動画も公開している。

-3Dプリンタ, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.