VR アプリ イベント ゲーム ニュース

「東京インディーゲームフェス」が2年ぶりに復活 複合ゲームイベント「東京サンドボックス2017」の一環として開催

投稿日:

「東京インディーゲームフェス」が2年ぶりに復活 複合ゲームイベント「東京サンドボックス2017」の一環として開催

2015年に開催されたインディーゲームの祭典「東京インディーゲームフェス」が2年ぶりに復活し、5月13日と14日の2日間にわたりUDX アキバスクエアにて開催される。なお、今回は複合ゲームイベント「東京サンドボックス2017」の目玉イベントとして開催される。

「東京サンドボックス2017」は、2017年5月10日(水)~14日(日)の5日間にわたって東京各地で開催される複合ゲームイベント。ゲーム開発者サミット「PUSH」、世界中のVRゲームの最新作品やこれから登場する作品が展示される「VRラウンジ」、若者にプログラミングとゲームを通じてデザインを学ぶことを奨励する取り組み「CODING FOR LIFE」、国内外のインディーゲーム開発者が作品を出展する「東京インディーゲームフェス」の4つで構成される。

「PUSH」は5月10日、11日、12日の夜に東京の様々な場所で開催されるパネルディスカッション形式の開発者サミット。サミットでは、資金調達、パブリッシング、ローカライズなどのゲーム系の起業家が対処している問題に焦点が当てられる。
「VRラウンジ」では国内外から選び抜かれた最新のVRゲームが多数フィーチャーされる。来場者はPlaystation VR、Oculus Rift、HTC Viveやその他の人気プラットフォームの最新もしくは未リリースのゲームを試すことができる。
「CODING FOR LIFE」は教育とゲームの社会的影響に焦点を当てた取り組みで、高校生チーム10組それぞれがありふれた素材やエレクトロニクス、コーディングを使って作成した手製のゲームをプレゼンする。来場者はトークンを購入することでそれらのゲームをプレイでき、その収益は恵まれない子供たちの継続的な教育に使われる。
「東京インディーゲームフェス」は5月13日と14日の週末に開催され、13日はビジネスデーとして限られた来場者にのみ開かれ、14日は一般ゲームユーザーに向けた公開デーとなる。
なお、「東京サンドボックス2017」および「東京インディーゲームフェス」はkulabo, IncMaker ToolsetHanaji Gamesとのコラボレーションにより主催する。また、ソニー プレイステーション、駐日オランダ王国大使館、 フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス、Advantage Austriaによるサポートも受けているという。
なお、現在「東京サンドボックス2017」の参加チケットが販売されているが、「東京インディーゲームフェス」のブース増設が決定し、4月14日(金)24:00(日本時間)まで出展の追加募集が行われている。

【東京サンドボックス開催概要】
5月10日※関係者のみ
PUSH ゲーム開発者サミット(投資家向け)
会場:JINNAN CAFE 渋谷

5月11日※関係者のみ
PUSH ゲーム開発者サミット(AR/VRイベント)
会場:TKPガーデンシティ渋谷

5月12日※関係者のみ
PUSH ゲーム開発者サミット(開発者イベント)
会場:TKPガーデンシティ渋谷

5月13日(ビジネスデイ)
VRラウンジ
東京インディーゲームフェス2017
CODING FOR LIFE
会場:UDX アキバスクエア

5月14日(一般公開)
VRラウンジ
東京インディーゲームフェス2017
CODING FOR LIFE
会場:UDX アキバスクエア

入場料
一般 2500円
学生 1000円
開発者 5000円
投資家 1万円
ビジネス1万5000円

チケットの購入はこちら
http://tokyosandbox2017.peatix.com/

「東京インディーゲームフェス」出展申込ページはこちら
http://www.tokyosandbox.com/about-us/studio-registration/

-VR, アプリ, イベント, ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.