gumi、VR脱出ゲーム「エニグマスフィア」開発のよむネコをグループ会社化

 

gumi、VR脱出ゲーム「エニグマスフィア」開発のよむネコをグループ会社化

株式会社gumiが、株式会社よむネコの株式を取得し持分法適用会社とした。

gumi、VR脱出ゲーム「エニグマスフィア」開発のよむネコをグループ会社化

よむネコはVRゲームの企画・開発・運営を行うスタートアップ。gumiの連結子会社であるTokyo VR Startups株式会社において2016年1月~6月に実施された日本初のVRに特化したインキュベーションプログラムの第1期生としてVRゲームの開発を行い、2016年12月にOculus社のVR用新型コントローラーOculus Touchのローンチタイトルとして、VR脱出ゲーム「エニグマスフィア~透明球の謎~」をリリースした。また今月より、CAセガジョイポリス株式会社が運営する梅田ジョイポリスにて、アーケード版「エニグマスフィア」の稼働を開始する。
今回のグループ会社化は、gumiと戦略的連携を図ることでよむネコの開発体制の強化し、さらに国内外に向けたプロモーション体制を構築することにより、世界で勝てるVRゲームを開発するという目標の実現を目指すもの。またこのグループ会社化にあわせてgumiの代表取締役社長である國光宏尚氏がよむネコの取締役会長(非常勤)に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket