VR ニュース

ラストマイルワークス、360°カメラを利用した実写×CG合成サービスを提供開始

投稿日:

ラストマイルワークス、360°カメラを利用した実写×CG合成サービスを提供開始

不動産業界向けのVRサービス「terior」を展開しているラストマイルワークス株式会社が、THETAなどの全天球カメラを利用した実写とCGの合成サービス「360 SOLUTION」の提供を開始した。

「360 SOLUTION」は、全天球カメラで撮影した画像にCGで作成された建物の外観、車、庭などを入れることで、できるだけ住んだときのイメージを体感できるコンテンツを提供するサービス。これにより顧客の不安要素を軽減し、土地購入の意思決定をしやすい環境を提供していくことが可能となり、さらに売り手側も事務所で現場詳細の説明ができ、購入意欲の高い顧客だけを実際に現場案内をするようになるため、買い手と売り手の双方の時間の短縮やコスト削減が行える。
同社ではサービス導入の第一弾として、茨城県日立市の工務店の株式会社ジュン・ホームが販売を手掛ける「パッシブタウン滑川」の宅地分譲物件をVR化した(特設ページはこちら)。14区画の分譲地をTHETAで撮影してCGを合成することにより、実際に家が建った風景を再現。今後は宅地分譲物件だけでなく、中古住宅を活用したリノベーション事業にもVRを展開していき、地方の社会的問題でもある空き家の有効活用につなげていく予定とのこと。

ラストマイルワークス、360°カメラを利用した実写×CG合成サービスを提供開始

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.