韓国のJOYCITY、Angry Birdsのスマホ向け戦略ボードゲーム「アングリーバード: ダイス」Android版の事前登録受付を開始

 

韓国のJOYCITY、Angry Birdsのスマホ向け戦略ボードゲーム「アングリーバード: ダイス」Android版の事前登録受付を開始

韓国のJOYCITYが、Rovio Entertainmentの人気ゲームアプリ「Angry Birds」シリーズのIPを使用したスマートフォン向けリアルタイム戦略ボードゲーム「アングリーバード: ダイス(Angry Birds Dice)」の事前登録受付をGoogle Playにて開始した。登録ページはこちら

「アングリーバード: ダイス」は、Angry Birdsシリーズ初となるリアルタイム対戦モードを搭載したスマートフォン向けボードゲーム。既存の運と確率に頼ったボードゲームと違い、プレイヤーの戦略次第で様々な楽しみ方と勝利を味わうことができる戦略性の高いバトルを手軽に楽しめるタイトルとのことで、ダイスを転がして出た目の数だけマスを移動し、到着した都市に建物を建てるというボードゲーム本来の楽しさを活かしつつ、80種類以上のスキルカードを使って自分だけの戦略を組み立てられる面白さも味わえるという。シングルプレイのほか他のプレイヤーとチームを組んで対戦したり、ギルドを設立してギルドメンバーと協力プレイすることも可能で、絵文字で世界中のプレイヤーと会話ができるチャット機能も搭載されている。
同作の開発のためJOYCITYとRovioはIPライセンス契約を締結しており、2016年9月より開発中であることが発表されていた(過去記事はこちら)。

(C)JOYCITY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket