KLab、日本食や文化を海外に展開する子会社「KLab Food&Culture株式会社」を設立

 

KLab、日本食や文化を海外に展開する子会社「KLab Food&Culture 株式会社」を設立

KLab株式会社が、日本食と日本文化を海外に展開する子会社「KLab Food&Culture株式会社」(以下「KLab Food&Culture」)を設立した。手始めに2016年12月19日にラーメンのフードテーマパーク「ラーメンアリーナ」(中国語表記:拉麺競技館)の1号店を中国上海にオープンする。

KLab Food&Cultureは、KLabが長年ゲーム事業で培ってきた世界各地でのローカライズやマーケティング、労働法、税法などのノウハウを生かし、日本の小規模事業者と連携し、日本食を始めとする日本文化の海外進出を促進する。将来的には日本食と日本文化全体をテーマに扱う予定で。まずは世界中で人気のラーメンにフォーカスし、フードテーマパーク「ラーメンアリーナ」を世界各地に展開していく。この「ラーメンアリーナ」事業を推進するにあたり、KLab Food&Cultureは日本法人と現地法人で業務を分担。日本法人は「ラーメンアリーナ」に出店するテナント(ラーメン店)を日本全国で開拓し、契約を行い、現地法人は世界各地の一等地に立地を選定・賃借し、内装及び厨房等の設備を整えたうえで出店テナント(ラーメン店)にサブリースする。加えて会社設立・人材採用・食材の調達・免許取得・労働法や税法などのコンサルティングを行うほか、「ラーメンアリーナ」の広告宣伝・集客も担当する。不動産サブリース売上だけで黒字化出来る収益構造になっているため、ローリスク、ハイレバレッジな事業となっているとのことで、「ラーメンアリーナ」事業の売上は「不動産サブリース売上」と「テナントの売上に比例するコンサルティング収入」の2つで構成される。「ラーメンアリーナ」1号店は、2016年12月19日に上海中心部にある大悦城ショッピングモールにラーメン店7店舗と、クールジャパン小物などを扱う屋台7店舗でオープンする。概要は以下のとおり。

施設名称: ラーメンアリーナ(拉麺競技館)
名誉館長: はんつ遠藤
開業日:  2016年12月19日
場所:   中国上海市静安区西藏北路166号, 上海大悦城7F
施設総面積:1186.4㎡
総客席数: 322席
開店時間: 10:00~22:00

出店テナント一覧(順不同)
KLab、日本食や文化を海外に展開する子会社「KLab Food&Culture 株式会社」を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket