3Dプリンタ ニュース

S'NEXT、3Dプリンタ造形によるイヤホン「LAB II」を200台限定発売

投稿日:

S'NEXT、3Dプリンタ造形によるイヤホン「LAB II」を200台限定発売

オーディオメーカーのS'NEXT株式会社が、自社ブランド「final」より3Dプリンタで造型したイヤホン「LAB II」を2016年10月22日に発売する。

S'NEXT、3Dプリンタ造形によるイヤホン「LAB II」を200台限定発売

「LAB II」は、同社のブランド「final」の“今までに無いものを作る”をコンセプトとした「LAB(laboratory)」シリーズの第2弾。3Dプリンタ造形にしかできない特殊形状により、今までに無い広大な音場を株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズの協力により実現している。メカニカルイコライザーを3Dプリンタで造形することで、今までの製造方法では不可能であった形状を実現し、高域特性を改善。背面をフルオープンとし、前面の音導管が振動板前後の干渉を防ぐことで、低域特性も改善している。また筐体外側に施されたメッシュ形状によって、耳道と筐体間に僅かな隙間を生じさせる設計とし、閉塞感の無い自然な音場を実現している。金属の3Dプリンタ造形は平滑度が悪く、商品を作る大きな障害となっているが、同社では化学処理法を新たに開発し高い光沢を実現。チタンの3Dプリンタ造形品としては現在世界最高レベルの平滑度となっているという。なお、理想の音を追求した特殊で難易度の高い形状であるため世界で200台のみの限定発売となるとのこと。
同社では発売に先駆け、10月22日に「秋のヘッドフォン祭2016」(中野サンプラザ)にて新製品発表会を開催する。当日は製品情報に加え、開発秘話や3Dプリンタ造形技術などについて動画を交えて紹介する予定。製品の詳細は以下のとおり。

<新製品特長>
- 理想の音を追求した、3Dプリンタ造形にでしかできないチタン製筐体
- 高域特性を改善するメカニカルイコライザー一体型筐体
- 必要十分な低音と音場の広がりに貢献する、フルオープン、高い開口率の二重メッシュ形状
- 15mmφ新開発ダイナミック型ドライバーユニット
- チタン製3Dプリンタ造形品としては、現在世界最高レベルの平滑度を実現した表面仕上
- MMCX コネクタ+シルバーコートケーブル採用
- 川崎本社内で製造
- 真鍮製キャリーケースを同梱

<新製品発表イベント詳細>
会場:「秋のヘッドフォン祭2016」会場
中野サンプラザ 7F 研修室10番
東京都中野区中野4-1-1
日時:2016年10月22日(土)
13:30~14:00 - 製品発表会
14:00~15:20 - 試聴会

- 試聴会予約方法(一般のお客様):
下記試聴会予約フォームより、10月21日までにお申込をお願いいたします。
当日枠もご用意しています。製品発表会へのご予約は不要です。
http://final-audio-design.com/hpfes2016

<商品紹介ページ>
http://final-audio-design.com/archives/4952

-3Dプリンタ, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.