VR ニュース

DONIKA、VRコンテンツを対象としたアドネットワークサービス「SpeAD」β版のユーザー募集を開始

投稿日:

DONIKA、VRコンテンツを対象としたアドネットワークサービス「SpeAD」β版のユーザー募集を開始

株式会社DONIKAが、10月中旬からサービス提供予定のVRコンテンツを対象としたアドネットワークサービス「SpeAD(スペアド)」β版の利用者募集を開始した。利用登録ページはこちら

「SpeAD(スペアド)」は、DONIKAのVR Labが開発したVR空間内に広告を表示する新しいタイプのアドネットワークサービス。複数の広告主と複数のVRアプリを結ぶプラットフォームシステムで、VRアプリ側は自身のアプリに広告を設置するだけで「SpeAD」から最も収益性の高い広告が自動配信される。広告主側は、「SpeAD」への広告出稿をするだけで複数のアプリへ広告配信が行え、効率的にユーザーへのリーチが可能となる。収益の発生については、「SpeAD」から配信されたVR広告をアプリを利用するユーザーが見た(視点が合った)時点で「gazeカウント」し、収益が発生する「gaze課金」が採用されている。広告主は、自身の製品をVR空間に表示するなどのプロモーションや動画の配信、Webサイトへの誘導などを行える。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.