ニュース

LINEが新たなMessaging APIを公開し 開発者への正式提供を開始

投稿日:

LINEが新たなMessaging APIを公開し 開発者への正式提供を開始

LINE株式会社が、本日9月29日(木)に技術者向けカンファレンス「LINE DEVELOPER DAY 2016」を東京・渋谷のヒカリエホールにて開催し、コミュニケーションアプリ「LINE」におけるchatbotに関する新展開を発表した。

LINEでは2016年4月7日より、誰でもchatbotを開発できる「LINE BOT API Trial Account」の無償提供を全世界を対象に開始し、現時点で約2万件のchatbotが作成されるなど、外部開発者がLINEのchatbotを自由に開発できる環境を試験的に提供してきた。それに続き、外部開発者によるchatbotの開発および普及を本格的に促進するため、これまで以上にbotの機能性・開発可能性を高め、かつ開発者へのサポート性を高めた新たなMessaging APIを公開した。このMessaging APIでは、シンプルにyes or noなど2つのアクションを提示する「Confirm Type」、画像やテキストなど複数のアクションボタンを組み合わせた「Button Type」、「Button Type」と同様の情報を横方向にスクロールする形式で複数コンテンツを配置できる「Carousel Type」の3種類のメッセージタイプが新たに追加されている。これにより、chatbotから送信するメッセージから、これまで以上に自社サービス・コンテンツへのスムーズな動線設計が実現可能となる。メッセージタイプは今後も順次新たな形式を追加する予定とのこと。なお、このMessaging APIを使用して作成されたchatbotは、LINEの複数人のトーク・グループトークにも対応しており、複数人の会話の中で適切な情報やコンテンツを提供することも可能となる。2016年4月に公開したAPIと比べて、よりクリーンでシンプルなAPIに生まれ変わっており、併せてAPIドキュメントもリニューアルされ、読みやすさの改善とサンプルコードが拡充されている。公式SDKも5言語(Java/golang/Ruby/PHP/Perl5)リリースされた。Messaging APIを利用したアカウント作成は、LINE@やLINE Loginなどの申込・管理ができるLINEのビジネス向けポータルサイト「LINE Business Center」から利用登録を行い開始することができる。
このMessaging APIの公開に伴い、アカウントからユーザーに送るメッセージとして、能動的にchatbotから配信する“プッシュメッセージ”と、ユーザーが送ったメッセージや情報に対して即時に返信する“リプライメッセージ”の2種類に区分して利用可能となった。“リプライメッセージ”についてはアカウント種別やプラン・メッセージの通数問わず、全て無料で利用できるようになる。プランは以下のとおり。

LINEが新たなMessaging APIを公開し 開発者への正式提供を開始

LINEでは、多くの開発者によるchatbotの開発を促進することを目的に、chatbotの特性を活かしてユーザーに価値ある体験を提供するアカウントを表彰する「LINE BOT AWARDS」を開催する。このアワードは、個人・法人問わず誰でも参加可能で、優勝賞金は最大1,000万円、他にも様々な部門賞が設けられる予定。詳細は10月中に公表され、2017年1月上旬に申込締め切り、2月に結果発表および表彰式が行われる。追加情報については、今後「LINE BOT AWARDS」のサイトにて発表される。

-ニュース
-

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.