ニュース 仮想通貨

Bitcoin決済サービスの「coincheck」、日本初の電気代のBitcoin支払いを開始

投稿日:

Bitcoin決済サービスの「coincheck」、日本初の電気代のBitcoin支払いを開始

仮想通貨「Bitcoin」の決済サービス「coincheck」を運営するレジュプレス株式会社が、LPガス事業者の三ッ輪産業株式会社と電気料金やガス料金などの公共料金のBitcoinによる支払い方法の導入に関して基本合意した。まずは三ッ輪産業の子会社であり小売電気事業者の株式会社イーネットワークシステムズと電気事業に関して業務提携を行い、11月初旬より電気代をBitcoinで支払うことができる「coincheckでんき」を開始するとのことで、現在事前受け付けを行っている。

「coincheckでんき」では、電気代をBitcoinで支払うことができるプランを含め、ライトユーザー向けとヘビーユーザー向けの2つの料金プランを提供する。ライトユーザー向けプランは、電気料金と支払方法は今までの電力会社と同一だが、削減電気代をBitcoinで還元するというもの。還元分のBitcoinはcoincheckウォレットに貯まっていく。一方ヘビーユーザー向けプランは、電気料金の支払い自体をBitcoinで行えるもので、電気料金は既存の一般電気事業者のプランよりも4-6%程度安価だという。
「coincheckでんき」を供給するイーネットワークシステムズは、国内17地点の発電所/世界22カ国で電力事業の実績のある丸紅グループの電力会社、「丸紅新電力」と提携し、電力を供給する。供給エリアは関東・関西・中部エリアとなり、今後順次エリアを拡大予定。またcoincheckでは、今後、電気代だけでなく、ガス代・水道代・携帯代などの生活インフラもBitcoinで支払えるようにするとしている。

-ニュース, 仮想通貨
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.