3Dプリンタ ニュース

ミリメーター、3Dプリンタをインターネットから監視できる「3DプリンターIoTキット」を12月に発売

投稿日:

ミリメーター、3Dプリンタをインターネットから監視できる「3DプリンターIoTキット」を12月に発売

株式会社ミリメーターが、3Dプリンタをインターネットから監視可能にする「3DプリンターIoTキット」を2016年12月に販売すると発表した。

「3DプリンターIoTキット」は、3Dプリンタで最大のシェアをもつオープンソースのRepRap製品をインターネットにつながる3Dプリンタに進化させるツール。このキットの筐体自体も3Dプリンタで製作されており、価格は3万円(税別)を予定しているという。同社によれば、もともとは同社が販売する立体看板やおもちゃの線路の製造を効率化するために開発されたツールだったが、3Dプリンタを活用することで得られるメリットを日本の製造業に広く浸透させたいという想いから一般向けにも販売するこを決定したとのこと。3Dプリンタのオプションパーツとしても購入できるよう、複数の3Dプリンターメーカーと準備を進めており、今後対応数を増やしていくとしている。主な機能は以下のとおり。

【この製品が提供する機能】
ネットワークからの3Dファイル(gcode)のアップロード、印刷
印刷記録の一覧表示 ※
ホットエンド、ヒートベッド温度設定
タイムラプス映像作成(時間間隔指定、Z層移動時の2パターン指定可能)
独自のgcodeスクリプトによるフィラメント交換指示だし ※
スマホ、タブレット端末用WEB-UI切替 ※
印刷コスト計算 ※
液晶搭載の3Dプリンタに印刷の状況をパーセント表示 ※
出力中gcodeのヘッド軌跡リアルタイム描画
現在出力中高さ表示 ※
USBカメラによるリアルタイム中継
コミュニケーションツールslackへのメッセージ連携 ※
各種Iotサービスに直接連携できるMQTT連携 ※
※印はミリメーターが独自に組み込む機能になります

ミリメーター、3Dプリンタをインターネットから監視できる「3DプリンターIoTキット」を12月に発売
ネットワーク経由で3Dプリンターの挙動を監視する様子

ミリメーター、3Dプリンタをインターネットから監視できる「3DプリンターIoTキット」を12月に発売
印刷状況をクラウドサービスslackに連携する様子

-3Dプリンタ, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.